Bakkt、ビットコイン先物延期!2019年1月24日開始予定に変更!

 

こんにちは!sakuraです。

昨日はビットコイン価格、50万を割り込みましたが、今日はなんとか¥500,000まで戻していますね。

年末の価格上昇へと期待していたBakktのビットコイン先物が12月12日から2019年1月24日に延期になったようです。

少し残念ですが、その理由は?

スポンサーリンク


 

ビットコイン先物延期!その理由は?

年末の相場転換の起爆材として、期待されていたBakktのビットコイン先物。

BakktのCEO・Kelly Loeffler氏は、

・顧客のオンボーディングを進めている。

・米CFTC(商品先物取引委員会)と連携して、規制の許可を進めている。

・興味度の高さとさらに準備を整える期間として、1月24日まで延期。

 

※オンボーディングとは、顧客に対し、そのサービスで得られる体験の満足度を高め、継続的な利用を促すための一連のプロセスの事。

 

また、新たな機能として。。

先物取引の担保となるビットコインの内、コールドウォレット保管のBTCは保証されるが、新たにホットウォレット保管分のBTCも、

保証できるように保険を確保している最中のようです。

 

ここ数日のBTC、仮想通貨市場の下落の中、Bakktのビットコイン先物が市場の活性化になると期待されていたところもあり、さらに

短期的に下落へと影響したと思われます。

5000ドルを割っていたBTCは、20日PM6:00頃には4420ドルまで下落。

21日0:00には4900ドルまで戻したものの、Bakktの公式Twitter発表から再び下落。

現在、4500ドル付近を推移しています。

しかしBakktの延期の内容は、市場にとって大きな懸念材料ではない事がわかりました。

中止になったわけではなく、延期なので、来年に期待して待つしかないのでしょうね。

しばらくは静観していくつもりです。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク