米・マスターカード、仮想通貨に関する特許申請!

こんにちは!sakuraです。

今日のビットコインは若干調整が入って、¥828000ほどで推移しています。

昨日も好材料のニュースをお届けしましたが、今日もGoodニュースをご紹介!

米・クレジットカード大手のマスターカードは、17日に新たな特許を申請!

マスターカードの申請した特許って?

今回のマスターカードの申請した特許とは。。

法定通貨(ドル、ユーロ等)と仮想通貨をリンクさせることにより、仮想通貨のトランザクションにかかる時間を短縮することが可能に、

なるという内容です。

現在、ブロックチェーンの技術の進歩はめざましく、いろいろな分野での活用が期待されています。

その一方で、支払い可能な通貨としては、ブロックチェーンベースのトランザクションが処理される時間がかなりかかる事がネックになっています。

その一方で皆さんもお使いのマスター、VISAなどのクレジットカード決済は、瞬時に行われ、ユーザーにとってはストレスフリーですね。

しかし売り手が代金を受け取れるのは、決済日の翌月以降となり、また手数料も支払わなければなりません。

つまりブロックチェーンベースの決済のトランザクション処理が短縮されないため、小売り、業者はブロックチェーンでの支払いの

受理や、参入をためらっている状態なんです。

マスターカードは、仮想通貨によるトランザクション処理の時間を短縮するために、法定通貨と連動した新たなタイプの口座を、

開設するようです。

これによって、仮想通貨による支払いがより安全になり、アリゴリズムを使い潜在的な詐欺を見分ける事も可能になるようです。

これからの仮想通貨の実用化には、欠かせないことですね。

大手クレジットカード会社が先手を切って、成功させると、他もそれに続くと思われます。

お財布の中に必ず1枚は入っているクレジットカード。。そこに仮想通貨がプラスされると。。その拡大は大いに期待できますね。

スポンサーリンク


 

 

そしてもう一つ Goodニュースをご紹介!

iPhoneユーザーに朗報!

仮想通貨ウォレットを提供している「Ginco」が、いろいろな通貨が受け取れる「Ginco Airdrop Program」の提供を開始した。

現在エアドロップに参加しようとすると、メールアドレス登録、マイイーサウォレットなどの受け取りアドレス登録、など

多少なりとも、仮想通貨の知識やPC,スマホのスキルが必要になります。面倒と感じエアドロップを見送る方も多いと思われます。

Ginco Airdrop Programでは、Gincoウォレットを持っているだけで、誰でも簡単に仮想通貨やトークンを受け取れる優れもの。!!

現在すでに5社のエアドロップパートナーと提携がすんでおり、順次配布される予定です。

なおコンプライアンスに準拠して、ICO実施中のプロジェクトは対象外となっています。

また残念なことに、今のところiPhoneのみ対応! 私もアンドロイドなんですね、アンドロイド版も出てくることを願ってまーす。

iPhoneの方は、App Storeから「Ginco-仮想通貨ウォレット」をダウンロードしてください。

貰えるものは貰いましょう。運が良ければ。。化けるかも。。です。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク