ビットコインキャッシュ どこまで上がる?!

ビットコインキャッシュ(BCH)の上昇が続いていますね。

今日のビットコインキャッシュのチャートです。(Bittrexより)

12月18日の夜くらいから上昇を始めています。今日は¥440000をつけています。

今回のこの上昇の理由を調べてみました。

ビットコインキャッシュの上昇の理由

最も大きな理由は、アメリカ最大手の仮想通貨取引所CoinbaseとGDAXでビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが始まったからだと思われます。

元々Coinbaseは8月1日にフォークされて誕生したビットコインキャッシュの付与を、2018年1月1日には付与すると声明を出していたのですが、今回 BCHの付与が実行されたようです。

Coinbaseのユーザー数は、アメリカ全土30州にわたり、1000万人以上いると思われます。

またGDAX(Global Digital Asset Exchage)は、Coinbaseが母体でトレーダー向けのプラットフォームが使用できる取引所です。

8月1日の時点で保有していたビットコインと同量のビットキャッシュが貰えるんですね、1ビットでも1ビットキャッシュ¥440000が入ってくるんです。当然年末にかけての利確も考えられますね。 価格の変動には注意が必要ですね。購入ポイントでもありますが。。。

またアメリカのTVで、ビットコインキャッシュの提案者の「ロジャー・バー氏」のインタビュウーが放映され、彼は「ビットコインキャッシュがビットコインを越えるのは時間の問題!」と語ったそうです。

ビットコインは、ブロックサイズが小さいままなので、承認を早めるためには手数料を上げなくてはなりません。それが最近の手数料の高騰につながっているんですね。

それに対して、ビットコインキャッシュはブロックサイズが大きいため、手数料をあげて、優先順位を上げる必要はありません。手数料もほぼ100円以下です。今後もハードフォークなしで、32MBまでブロックを上げる事ができるのです。

そう考えると、ビットコインキャッシュがビットコインを越えるというのもありそうですが、そんなに短期でおこるのでしょうか?

ロジャー・バー氏はビットコインキャッシュを押しているので、ポジショントークでもあり、話し半分くらいで聞いておくのがいいかもしれません。

スポンサーリンク

 

ビットコインキャッシュ基軸の取引所

イギリスでも大きな話題がありました。

ビットコインキャッシュを基軸とする、仮想通貨取引所「Coin Ex」が12月末にはオープンする予定です。
取扱うのは、BCH/BTC、BCH/ETH(イーサリアム)、BCH/LTC(ライトコイン)、BCH/ZEC(ジーキャッシュ)、BCH/DASH(ダッシュ)、の予定です。

 

取引手数料も安く、承認時間も早いビットコインキャッシュを使った取引は今後、伸びていくと思われます。

ビットコインキャッシュ対応のVISAデビットカード!

先ほどのロジャー・バー氏が、12月12日に「Bitcoin.com」が「Bitcoin Cash Visa デビットカード」を出す事になったとツイートしました。
ユーザーにとっては、うれしいニュースでもありますね。

今後の展望

ビットコインはこのまま終わってしまうのか・・・・
それはないと信じたいところですが、ビットコインの開発がすんなりと進んでいくのはむつかしいかもしれません。ある程度の時間は必要なのかも知れないですね。しかし何らかの形で対応していくのでは・・と思いたい。

2018年はそんな中ビットキャッシュがいろいろなマーケティングを行っていくのではないでしょうか?

2018年はビットコインキャッシュの飛躍の年になるかもしれませんね。価格にも注目して、落ちたところを拾いたいと思っていますが・・

そして仮想通貨市場、爆上げが続いていますね。

先日15日にご紹介したVergeコイン、今日21日で約8倍の価格まで上昇しましたね! 購入された方おめでとうございます。

sakura🌸でした。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

 

sakura お勧めの記事

注目のICO案件! マイニング報酬でBitcoinを貰おう!

REGAINの詳細はこちらで確認!

スポンサーリンク