ビットコインキャッシュ 急騰!

ビットコインキャッシュが 急騰してますね! 今朝日曜日ゆっくり起きて、びっくり!した方も多いと思います。
ここ2~3日のビットコイン、ビットコインキャッシュの値動きはかなり大きいですね。
見てるだけ。。。トレードするのは勇気がいりますね。

ビットコインキャッシュ急騰!

11/9に、ビットコインクラシックの開発グループが公式サイトに声明を出しました。
「2018年5月までに、ビットコインキャッシュが正式な ビットコインになる。としたうえで、ビットコインクラシックの開発を停止する。という内容です。
それを受けて、半日で30%急騰しています。

開発グループは「どのチェーンが一番支持を集めるかは、ユーザー、マイナー皆にかかっている。最長でも6か月以内にニットコインキャッシュからキャッシュという部分をなくし、「ビットコイン」と呼ぶだろう!と言っています。

やはりこの背景には、前日のSegwit2×の中止があると思われます。
今回のSegwit2×でも、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドのように無料で配られる分岐コイン目当てでビットコインに資金が流れたものと思われます。結局Segwit2×が中止になり、今度は11月13日に行われるビットコインキャッシュのハードフォークに期待してビットコインキャッシュに資金が移動している感じですね。
このハードフォークで配布されるのは、どうやらビットコインクラシック!のようです。

結局どうなの?!と思いますが

ビットコインキャッシュのハードフォーク

ビットコインキャッシュの開発を推進するビットコインABCは、ビットコインキャッシュのマイニング難易度調整に関するアリゴリズム「EDA(Emergency Difficulty Adjustment)」に関する問題を修正するためのハードフォークを発表した。

現在マイナーはビットコインとビットコインキャッシュの両方のマイニングをしている。収益の多いほうを優先している状態で、ビットコインキャッシュのマイニング難度がビットコインのマイニング難易度を越えると、ビットコインキャッシュのマイニングを行わなくなる。すると送金つまりが起こるようになる。マイニングが行われなくなると、自動的にビットコインキャッシュのマイニング難度が低下して、収益性が上がるため、マイニングされるようになる。送金つまりは解消される。

この解決案が「DAA」  DAAとはビットコインキャッシュ開発を主導しているビットコインABCのアモリ・セシエ氏によって開発されたD601というアリゴリズムに基づいて開発された「難易度調整アルゴリズム」の事。

ビットコインABCは「DAA」を有効にするため、11月13日にビットコインキャッシュのハードフォークを行うと発表したのです。

DAAとは?

・難易度をハッシュレートに調整して、平均ブロック間隔を600秒にする。
・ハッシュレートが安定している時は、難易度調整はしない。
・ハッシュレートが急激に変化したときは、難易度を調整する。
・ハッシュレートと難易度の間のフィードバックからの振動をさける。など。。

このニュースで、今日のビットコインキャッシュの急騰は目を見張るものがありますね。
しかしこのまま急騰した値段を維持できるのかは、まだまだ疑問が残ります。
本日11/12 午前中一時期20万近くにいましたが、今同日夕方には17万ほどで推移しています。

今日、また新たなニュースも飛び込んできました。!

ビットコインがさらなる進化のため、Rootstockのリリース時期について、発表しました。
これは、今までイーサリアムの特徴と知られている、スマートコントラクト機能をビットコインに実装するという事のようです。

これはこれで、ビットコインの現在の市場を大きく拡大できる可能性があります。

やはり 絶対的価値を築いてきたビットコインが簡単に王者の座を譲りわたす訳はなく、いろいろな問題をクリアしながら、ビットコインもビットコインキャッシュも成長していってほしいものです。

でも一晩寝ただけで、朝おきたら WAO!というビットコインキャッシュの急騰! 本当に刺激的な仮想通貨の世界ですね。

ビットコインの今後の改善計画については、また書きたいとおもいます。

今日のビットコインキャッシュの急騰、仮想通貨全体の値動き、よく覚えておきましょう。

sakura🌸でした。

スポンサーリンク