ビットコイン年末価格170万!?(Tom Lee氏・予想!)

こんにちは!sakuraです。

ビットコインキャッシュがハードフォークされて、やはりビットコイン、アルトコインともに下がりましたね。

今日のビットコインは約5600ドル(約¥633000)です。

このまま下落してしまうのか?年末にかけて持ち直してくるのか?気になるところです。

色々な著名人が、仮想通貨市場について予想されていますが、概ねあまりネガティブな予想より、まだまだ仮想通貨市場は未熟で、

これから色々な意味で淘汰されて市場は大きく展開する。。という感じの意見が多いような。。

そんな中結構強きな予想を打ち出す著名人が。。。

スポンサーリンク


 

気になるビットコイン年末価格は?

仮想通貨のアナリストであるFundstrat社のTom Lee氏。

彼は元々ビットコインの年末価格は、25000ドル!(約280万)と予想していたのですが、現在の仮想通貨市場の低迷を考慮して、

その予想を15000ドルまで切り下げました。(15000ドルでも強気に見える現状の冷え込みが、、)

同氏は、ビットコインの価格にとって最も重要なことは、「マイニングコスト」と言っています。

マイニングコストについては、よく言われることで、ビットコイン価格が約650000以下になると、1ビットコインを獲得するための

コストがかかりすぎて、マイナーは赤字になると聞いています。

マイニング最大手のBitmain社の「Antminer S9」によるマイニングコストは7000ドルと見られていて、Lee氏はこの7000ドルの

約2.2倍の15000ドルを年末価格と予想してようです。

とはいえ、今の価格は約5600ドルと7000ドルどころか、6000ドルも割り込んでいます。

しかしLee氏は、ビットコイン価格は回復すると力説します。

「強力な6000ドルラインを割ると、悲観の波が来るだろう。しかしネガティブな情報は、実際のファンダメンタル要因よりも、

過大評価されて市場に反映する。時期がくれば価格は正常に戻ると確信している。」

ビットコイン、他の仮想通貨の真の価値をみることが、大切だと言っているんですね。

今後の展望は?

ここ最近の仮想通貨市場全体の動きは、他の仮想通貨のイベントに大きく左右される事が多いですね。

今回のBCHのハードフォークによる売りが始まる前には、ほぼ6400ドル付近のビットコインが、ハードフォーク後の今は5600ドル

まで下がりました。

しかしこの後年末にかけて、ICE、スターバックス、Microsoftなどが手掛ける仮想通貨取引所Bakktが動き出し、Fielity(大手

投資ファンド)の参入、他の機関も仮想通貨市場へ参入してくるようで、これらの一連の動きにおいて機関投資家がいよいよ

仮想通貨市場に参入してくると思われ、価格の上昇につながるだろうと言われています。

そして、この下落相場の中でも上昇している通貨があります。

下落相場でも上昇している通貨

★XRP(リップル)

最近話題のXRPには、今の下落相場の中での投資資金の逃避先として、資金が集まっていて価格の上昇につながっているようです。

ファンダメンタル的にも、米大手取引所Coinbase社の機関向けのカストデイサービス子会社Coinbase Custodyが正式にXRPを、

保管対象通貨に加えたことも大きいと思われます。

ちなみに、現在の保管対象通貨は、

ビットコイン、ビットコインキャッシュ(現在停止中)、イーサリアム、ライトコイン、イーサリアムクラシック、BAT、Ox、

XRP です。

★Factom(ファクトム)

相場全体が低迷している中、15日~17日で、BTC建てで47%以上の上昇を見せました。

Microsoft関連のプロジェクトの展開に期待する上昇のようです。

また、ハードウォレットLedgerが、Factomに対応すると表明したこともあるようです。

 

今年は弱気な相場が続き、BCHのハードフォークなどによって下落相場の最中ですが、これから年末にかけて上昇していくのか、

気になるところです。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク