COinbase,上場検討銘柄XRP、ステラ等27通貨!

こんにちは!sakuraです。

今日のビットコインは、なんとか40万まで戻してきていますね。

先日、Zcashを上場させたばかりのCoinbaseですが、約330億円の資金調達の利用目的としていた、「仮想通貨ペアの迅速な追加」を

早々に実行していくようです。

スポンサーリンク


 

 

27通貨の上場検討

米大手仮想通貨取引所Coinbaseの公式ブログによる発表では、下記の通貨の名前があがっています。

・Cardano(ADA)

・Aeternity(AE)

・Aragon(ANT)

・Bread Wallet(BRD)

・Civic(CVC)

・Dai(DAI)

・districOx(DNT)

・EnjinCoin(ENJ)

・EOS(EOS)

・Golem Network(GNT)

・IOST(IOST)

・KIN(KIN)

・Kyber Network(KNC)

・ChainLink(LINK)

・Loom Network(LOOM)

・Loopring(LRC)

・Decentraland(MANA)

・Mainframe(MFT)

・Maker(MKR)

・NEO(NEO)

・OmeiseGo(OMG)

・Po.et(POE)

・QuarkChain(QKC)

・Augur(REP)

・RequestNetwork(REQ)

・Status(SNT)

・Storj(STORJ)

・Stellar(XLM)

・XRP(XRP)

・Tezos(XTZ)

・Zilliqa(ZIL)

Zcashを11月30日に上場させたばかりのCoinbase。より多くの仮想通貨の上場を実施していく事は現状の低迷相場に活気を与える事に

なると思われます。

Coinbaseは9月に新たな上場ポリシーを公開し、各国の規制方針に対応し、多くのアルトコインの取扱を計画していると言っていました。

また、10月に調達した330億円の資金利用を仮想通貨ペアの迅速な追加と表明し、「有価証券」、法令順守、プロジェクトのビジョンなどを

元に検討していくと言っています。

そして上記の発表の直後に、以下の4つのトークンをCoinbase Proに上場させ、ステーブルコインUSDCペアを提供すると発表しました。

この上場で、各通貨とも値をあげました。

・Civic(CVC) +14.67%上昇。

・districtOx(DNT) +32.15% ⤴。

・Loom Network(LOOM) +18.49%⤴。

・Decentraland(MANA) +18.36%⤴。

取引可能な国、地域。

・米国(ニューヨークを除く)

・UK

・EU

・シンガポール

・オーストラリア

日本は入っていません。。

Coinbaseは「すでにBATやOx、USDCというERC20トークンも上場しているので、他の人気のERC20トークンの統合は、容易だ。」

と言っています。

 

今後も上場される通貨が次々と出てくると思われます。

Coinbaseのような大手仮想通貨取引所の、前向きな姿勢が、仮想通貨市場を活発にしてくれることを、大いに期待したいですね。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク