コンセンサス2018!大型イベント。仮想通貨に影響大!

こんにちは!sakuraです。

今日は、5月14日から始まる、コンセンサス2018、仮想通貨の一大イベントについて。。

今年のコンセンサス2018は、仮想通貨の市場にどのように影響を与えるのか?注目の週の始まりです。

コンセンサスとは?

第1回は、2015年9月に開催されました。

コンセンサスは毎年ニューヨークで開催され、世界最大手の仮想通貨メディア「CoinDesk」が主催する仮想通貨の最大の

カンファレンスなのです。

2018年は第4回目となり、仮想通貨市場に影響を与える事が多く、注目のイベントです。

スポンサーリンク


 

今年のスケジュール

〇14日(月)

・物流業界トップのFedEx社CEOとReseach Instituteの会長が登壇。

物流業界のトップはブロックチェーン技術の活用法を、どのよう検討していくのか!?注目されます。

・FBB.St.Lovis地区総裁とMITMediaLab CoinDesk顧問委員会の会長が登壇。

米国連邦準備銀行(12地区ある)の中の第8区の総裁の仮想通貨に対する意見が注目されると思われます。

・立法者の立場からブロックチェーンに対する規制に対しての議論。

世界経済の中心となるアメリカとEUの代表者がブロックチェーンに対してどのように取り組んでいくのかが、注目される。

・時価総額上位にランキングする通貨の代表者。

Litecoin創始者:チャーリー・リー氏。

AION財団代表:マシュー・スポーク氏。

リップル社:Chief Cryptographerのディビット・シュワルツ氏。

3者による、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン間の相互運用により可能となる資産運用や、

個人情報の保管などに関するアプリケーションについて対話する模様。

・Bitflyer・加納裕三氏、米国商品先物取引委員会のコミッショナーが登壇。

〇15日

・米国政府の法規制を司る主要機関 :司法省、証券取引委員会、商品先物取引委員会の代表者による仮想通貨市場に、

おける政府の役割について議論。

・eToro、kik、Indiegogo 三社のCEOによるディスカッション。

・Circle(サークル)特別発表。Circleはニューヨーク州からビットライセンスを取得した取引所。

〇16日

・EEA(Enterprise Ethereum Alliance)の発表。

2017年には、EEAがTOYOTA、サムスンと提携を発表して、ETHが高騰。さて今年は?

・Monaco:仮想通貨デビットカードのデモを当日実施予定。

・Wave:Waveもデモを行う予定。

・Twitter社、Square社のCEO:Jack・Dorsey氏が登壇。

 

かなりの著名人が参加して、今後の仮想通貨の市場について論議されるんですね。

日本からの登壇はBitflyerの加納氏のみ。。というのが少しさみしいです。

先日から、韓国の取引所の摘発やBitflyerのハッキング(デマのようでした)などで市場は少し下がりましたが、今日は

上向きになっています。

コンセンサス2018がいい影響を与えて、市場がさらに活気づいてくれると信じたいものです。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク