配当型コイン/DECOIN・ミートアップ&CEOとの食事会参加報告!

こんにちは!sakuraです。

先週7月21日土曜日、絶賛ICO中の配当型コイン「DECOIN」のCEOとの食事会に参加してきました。

当日のCEOたちのスケジュールは、21日午後から、大阪市内にて一般の参加者とのミートアップ、その後場所を新大阪に変えての、

ミートアップ&食事会でした。

ミートアップ&食事会

今回の食事会は、私が仮想通貨の師匠と勝手に思っている、大坪 洋平氏がDECOINのアドバイザーに就任した事で、大坪氏の

グループからの参加者だけを食事会に招待してくれたことで実現しました。

CEO・SHAY PERRY(シェイ・ペリー)氏と大坪氏。

最初に握手と共に名刺、ボールペン、ICOクラウド誌を頂きました。

マスターカードのマークの入っいるカードが、CEO/シェイ・ペリー氏の名刺です。(カードくれる?!とびっくりしたら、名刺でした。)

今月のICOクラウドは「DECOIN」の特集記事が載っています。(私は年間購読しているので、2冊目です。(笑))

通訳の方が外人で、CEO/ペリー氏も会の途中、立ち上がって「DECOIN」のついて話してくれましたが、メモが追い付かず。。

断片てきですが。。

シェイ・ペリー :

・DECOINはユーザーと売り上げをシェアするコミュニティ。

・10か月前に、オリジナルブロックチェーンプロジェクトをつくり、DECOINを立ち上げた。

・1年で6.2%の利益が入る。(DECOINプラットフォームとつながっている。)

・ICO完了でまず20%の利益を配布。(売り上げシェアリング、利益シャアリング)

・シンガポールにて、ファイナンシャルライセンスが取れている。(EUも視野に入れている)

・2018年仮想通貨のルールを各国が決定する➡それに標準を合わせてDECOINも動いている。

・ソーシャルトレーディング(ツール):SNSのグループのようにリターンをシェアできるようにする。

・DCIインデックス :コインのTOP7を決めて、DTEPとリスクシェアリングする。(ICO完了時にはTOP7が決まる)

と、まあこんな感じでしかメモれてません。。。<(_ _)> なので、「DECOIN」のおさらいを簡単に。。

スポンサーリンク


 

DECOINとは?

・DECOINは「DECOINトレーディング・アンド・エクスチェンジ・プラットフォーム」(D-TEP)という、仮想通貨取引プラットフォームを開発中。

・DECOIN取引所が発行する独自トークンはDTEP。BTC、ETH、BCH、XRP、LTC、DASH、NEO、ADA、XLMでの取引可能。

・DTEPは、POS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用。DTEPコインの保有量に合わせた配当が支払われる。

・DECOINでは、取引所の手数料収益の10~20%を流通している自社コインの配当として吐き出す。(買戻しではない)

・ブロックチェーン上の取引を記録するサイト「explorer.decoin.io」をローンチした。トークン配布終了後稼働予定。

・シンガポールで会社設立。RMO承認獲得のため。

シンガポール中銀は、2002年施行のRMO規制では、新技術をベースとしたビジネスモデルに対応できないとし、ライセンス区分を

3つに分け、ブロックチェーン技術や、P2P技術を含む取引プラットフォームに対応する。

このことは、小規模のDECOINでもシンガポール金融庁の監督の元、仮想通貨を活用した事業展開ができる事となる。

DECOINがライセンスを取得することができれば、世界各国での事業展開が可能になる。

・クレジットカード発行。5種類のクレジットカード:マスターカードと提携。

DECOINは仮想通貨クレジットカードの価値を高めるため、ブロックチェーンエコシステムと技術開発をアップデートした。

これはコインとウォレットがローンチに向けて準備が整っていることを表している。

2018年10月26日ICO完了時点で、コインはプライベートウォレットに割り当てられる。

・仮想通貨インデックス(DCIインデックス)D-TEPクリプト指数:D-TEPと7つのコインを選定。価格の上昇はもちろんの事、下落

しても利益となる。10/26日ICO完了時に7つのコイン発表。

・様々な投資商品を提供。産業セクター別に構築される。CFD(差金決済取引)

・ソーシャルトレーディング:プロトレーダーの取引をフォロー。トレーダーは情報提供報酬として、仮想通貨を得る。

・安全性:多重のセキュリティ、97%の資金はコールドウォレットに保管。残り3%には保険を掛ける。

・取引速度:D-TEP最大で100万取引/秒、処理できる。

・カスタマーサポートの充実:年中無休、24時間営業、将来的には15ヵ国語対応予定。  などなど。。。

 

DECOINの積極的な戦力をみると、仮想通貨クレジットカード、取引所プラットフォームの分野で、仮想通貨のリーダーとなれる

可能性を感じます。

DECOINの登録はこちら↓

 

今回初めて、仮想通貨プロジェクトのCEOと席を共にして、そのプロジェクトにかける思いが伝わってきました。

今回の席を設けてくれた、大坪氏に感謝すると共に、DECOINの成功、発展を見守っていきたいと思います。

最後に、今回DECOINに多額の出資をされた、大富豪が食事を奢ってくれました。お礼を言うタイミングもなく、帰られたので。。

この場を借りて、「ゴチになりました。<(_ _)>」(笑)。。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク