「DECOIN 」シンガポールへ進出!

こんにちは!sakuraです。

今日は先日も記事にした、「DECOIN」の最新情報が入ってきたので、お知らせします。

シンガポール・仮想通貨交換業ライセンス制度の規制緩和へ

日本では、1月のコインチェック事件以来、仮想通貨交換業の新規の登録はゼロ。廃業した業者も多数。

先日はまた、業務改善命令が出たりと中々厳しい状況となっていますが、シンガポールでは。。。

シンガポールでは、中央銀行MAS(シンガポール金融庁)が、小規模な仮想通貨交換業者に正式なライセンスを、

付与する事を含む制度改革について、コンサルテーションペーパー(アドバイスを募る詰問書)を発表した。

DECOIN(配当系取引所)も、RMO(規制されたオペレーター)承認を勝ち取るため、シンガポールに進出しました。

シンガポール中銀は、現存の2002年のRMOでは、ブロックチェーン技術などの新技術には対応できないとし、

新たに3つの区分に分けて

ブロックチェーン技術、P2P技術を含む(第3者や仲介者のいない)新たな取引プラットフォームに対応していき、

小規模の取引所、交換業の参入を促していく方向の進んでいくようです。

この制度によって、小規模の取引所(DECOINなど)、交換業がシンガポール金融庁の監督のもと、仮想通貨を

活用し、ブロックチェーン技術を広め事業展開をしていける、ということになります。

これまで、株式取引所、商品、デリバティブ取引プラットフォームを運営する業者に対して、適用されていたROMが、

形を新たに仮想通貨業界に拡大されることとなります。

DECOIN(利益還元型仮想通貨取引所)は、RMO承認を目指し、現地のコンプライアンスに基づき申請準備をすすめているようです。

承認が下りれば、シンガポールを拠点に世界にむけて、サービスを拡大していく戦略なのです。

このように、シンガポールは、ブロックチェーンに対して寛容であり、小規模で個性的な新規参入者にも大きなチャンス

となると思われます。

DECOINの近況

・新たに取扱通貨にリップルを導入する予定。

・ブロックチェーン上の取引を記録するサイト「explorer.decoin.io」をローンチした。トークン配布終了後稼働。

・すでに総供給量の7000万コイン生成済。

・RMO承認の為、シンガポールにて会社設立。

・シンガポールにてミートアップ開催予定。(投資家向け)

DECOIN、これからに期待して、とりあえず口座開設してみようという方は、こちら↓

 

まだぎりぎりICO(2期プレセール)にも間に合うようです。

 

まとめ

最近の仮想通貨の市場はヨコヨコですが、ほぼ毎日のように関連のニュースが入ってきます。

中々ポジティブなニュースも多く、今回のようなシンガポールの対応に、小規模な取引所や個性的な新しいブロックチェーン技術も、

シンガポールへと参入していくのではないでしょうか?

日本もこれから柔軟な対応をしていかなければ、世界に取り残されるような気がします。(一般ピープルにはわからない

だけかもしれませんが。。。)

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク