DECOIN(ディーコイン)取引所・ICOはプレセール中(ボーナス有)登録・購入方法

こんにちは!sakuraです。

今日は、私の仮想通貨の師匠がアドバイザーとして入ることになった「DECOIN」について。。

DECOIN、もちろん暗号通貨なのですが、取引所でもあります。

仮想通貨の師匠「ちょむ兄さん」は、あまり表にでてきませんが、いろいろな通貨の運営と直接コミュニケーションをとって、情報は常に最新です。

早々にDECOIN JAPANコミュニティを立ち上げてくれました。もちろん日本語です。

DECOIN JAPANコミュニティはこちら

またDECOINのオフィスに行って、インタビューもしてくれます。

Twitterでのライブになりますが、6月13日PM10:00より視聴できます。

運営の生の声が聴けるチャンスです。ぜひ参加してみてください。 これは中々貴重ですよ。

ちょむ兄のTwitterはこちら

では、DECOIN、どんな取引所で、どんなコインなのでしょう

スポンサーリンク


 

DECOINとは?

DECOINは「DECOIN トレーディング エクスチェンジ プラットフォーム ・ D-TEP 」という取引所プラットフォームを開発中。

公式ページはこちら

ホワイトペーパーはこちら

コイン名称 : DECOIN

シンボル : DTEP

今はプレセール中で、ボーナスが39%付きます。

まずは、動画も見てみましょう。

 

DECOINのマイニング方式は、Pos(プルーフ・オブ・ステーク)です。

DECOINの「D-TEP」という取引所プラットフォームでは、取引所の手数料収益の10~20%を配当として割り当てるという点が他の取引所とは

違う点ですね。

取引所といえば、最近最も気になる所は、そうセキュリティ面ですね。

DECOINでは、資金の97%はオフラインで管理し、3%のトレード活動は保証でれていて、ハッキング対策をしていくようです。

また最終的には、独自のトークンであるDECOINを使って、売買できる取引所にしていくようです。

当面の取扱通貨は。。

・DECOIN(DTEP)

・Bitcoin(BTC)

・Ethereum(ETH)

・Ripple(XRP)

・Bitcoin Cash(BCH)

・Dash(DASH)

・Litecoin(LTC)

・NEO(NEO)

・Cardano(ADA)

・Stellar(XLM)

以上10通貨です。まずまず無難なところでしょうか。

DECOIN(DTEP)、最近では取引所独自コインは人気がありますね、バイナンスのBNBをはじめとして、使い方には各取引所、特徴を出して

差別化をはかっています。BNBは当初から200倍近くなっていますが、DECOINはどうなるのでしょうね。楽しみではありますが。。

また、DECOINの特色にはカードの発行!というのもあります。

投資額によって内容に違いがありますが、これも魅力的ではあります。 ただ 日本で使えるのか?という問題が残りますが。

ICOスケジュール・登録・購入方法

ICOのスケジュールは。

・1期プレセール : 6/6 終了。 1DTEP=0.60 USD

・2期プレセール : 6/7~7/7 1DTEP=0.65 USD (今はここです)

・3期ICO : 7/8~7/15 1DTEP=0.70 USD

・4期ICO : 7/16~7/23 1DTEP=0.75 USD

・5期ICO : 7/24~7/31 1DTEP=0.80 USD

上記をクリックすると。

 

メールアドレス等入力画面になりますので、入力しCreate an accountをクリック。

登録メールアドレスにメールが届きます。

Activate Your account Now!をクリック。

登録はこれで完了しています。

購入をお考えの方は BUY DECOIN をクリック。

 

クレジットでも可能となっていますが、JPYは使えないようなので、BTC、ETHのどちらかを選んでください。

最低購入額は、250ドルです。(その日の購入時のレートによります、250ドルに満たない場合はエラーメッセージが出ますので、BTC、ETHの

レートを確認してください。

取引所からも購入は可能ですが、BTCウォレット、もしくはマイイーサウォレットからの入金をお勧めします。

また購入時のトランザクションIDは、あとで分かるようにしておいてください。

興味はあるけど。。最近のICOは上場しても、爆上げはむつかしいと感じている方も多いと思いますが、そもそもICOはそのプロジェクトの内容に

共感し応援する意味合いが、ベースになるものと思われます。

日々色々なICOが出てきますが、公式ページ、ホワイトペーパーは必ずさらっとでも確認して、購入をお考えくださいね。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク