FuzeX 上場決定!5/10 3つの取引所へ

こんにちは!sakuraです。

今日は2月初めにご紹介した「FuzeX」が、上場決定しましたのでご紹介します。

5月10日に3つの取引所、Coss、Cobinhood、Live Coinに上場します。

上記3つの内、2つの取引所とは、FuzeXカードとも連携していくようです。(どこなのかは今は未公開です。。)

さらに約1か月以内には、大手取引所への上場も予定されているようです。

「FuzeX」の過去記事はこちら

FuzeXカードで何が変わる?

FuzeXカードによって、今まで投機目的と見られていた暗号通貨が、より私たちの生活に身近なものになると思われます。

FuzeXカードには様々な暗号通貨をオール・イン・カードの中で保有することができます。

また、皆さんのお財布の中を窮屈にしている数々のポイントカードも、FuzeXカードの中で保有できます。

さらに日常的に使われている、VISA、MASTERカードなど既存の様々なカードもオール・イン・ワンで保有することが

できるのです。

つまり値上がりを期待して保有しているだけの暗号通貨を、フィアット化(法定通貨として)して、生活の中で使えるようになります。

FuzeXの今後

近々、FuzeX創業メンバーが来日し、全国でミートアップを行うようです。

やはりネットの中だけでなく、実際に会って色々と学ぶと吸収率が違います。

質疑応答などを見ると、人柄や誠実性を感じて、そのプロジェクトを応援したくなります。

今はまだ詳細は公表されていないので、日程が決まればお知らせしますね。

また来月には「FuzeW」というコールドウォレットの販売も始まるようです。(こちらも詳細が分かればお知らせします。)

以前ご紹介した時もすでにICOは終わっていて、特別な枠の中での販売となっていました。期間も短くあっという間に

売り切れたので、買えなかった!という方は今回の上場で購入することもできます。

スポンサーリンク

3つの取引所は、どんな取引所?

3つの取引所について簡単にご紹介します。

「Coss」

Coss :Coss「Crypto One Stop Solution」の略で、その目的は「仮想通貨に基づくデジタル経済システムの全ての

機能を網羅するプラットフォームの作成」としています。

取引所以外にも、デビットカードの発行、投票システム、クラウドファンティングなどのサービスを展開していく予定。

拠点 :シンガポール、ニューヨークとブカレントに開発チームがあります。

取引高ランキング :128位(5/7時点)

Cossには独自トークンの「Coss」があります。「Coss」保有者には、Cossの取引手数料の50%が分配されます。

Cossの取引手数料は0.2%なので、その半分の0.1%が「Coss」保有者に分配されるようです。

中々、魅力的な取引所と思います。

Cossの公式ページ

「Cobin hood」

Cobin hood :2017/5にポポ・チェンによって設立される。アメリカと台湾に開発拠点があります。

Cobin hoodはブロックチェーン時代における金融センターになる事を目的としています。

現在の仮想通貨取引所の問題を解決する事を目的として。。

仮想通貨取引所とICO引受を提供する仮想通貨サービスプラットフォーム。

トレーダーの利益と市場の流動性を最大にするための取引手数料「0」ゼロ、最大レバレッジ10倍。

1秒間に100万件以上の注文の処理を提供する。

対応通貨 :USD、EUR、JPY、KRW、CNY、HKD、CAD、GBP、AUD、NID。

ウエブサイトとモバイルアプリは、世界言語の98%をカバーする10の主要言語が使えます。

対応言語 :中国語、日本語、韓国語、英語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語。

Cobin hood自体も2017/9/13にICOにより、資金調達しています。

取引高ランキング : 49位(5/7現在)

Cobin hood公式ページ

「Live Coin」

Live Coin :ロシア発祥の仮想通貨取引所。取扱通貨が多い(300種類以上、USD建てでの購入も可能)

本人確認なしで取引可能。(匿名取引ができる)

ゲーム機能あり(カジノのようなゲームができる、BTC/USDの値動きのゲーム)

日本語には対応していない。またレバレッジ取引もない。

運営会社の所在地、連絡先の情報が公開されていない。(質問はチケットでしか対応していない)

取引高ランキング : 44位(5/7現在)

Live Coin登録画面(アフリは貼っておりません)

 

以上が3つの取引所の特徴ですが、個人的にはLive Coinはトラブル時にはちょっと困るな。。と思ったのですが、意外にも

取引高ランキングでは最も多い。。やはり匿名での取引というのがいいのでしょうか?

FuzeX 買えなかった方は、口座開設するといいかもしれません。 もっとメジャーな所がいい、という方はもうしばらく

大手取引所への上場まで待ってみるのもいいかもしれませんね。

私もFuzeX購入しましたが、カードが貰える10ETHも買ってないので、追加購入を考えています。

個人的にはCobin hoodにしようかと思っています。

FuzeX、これからの成長が楽しみな通貨ですね。注目していきたいと思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク