GeARのICO、まもなく開始!事前登録でエアドロップ中!

こんにちは!sakuraです。

今日はビットコインも100万円に迫る勢いですね。ここを突破すれば。。。期待しますね。

最近ほんとによく耳にする、エアドロップ!

今日は間もなくICOがスタートする「GeAR」について、ご紹介します。

この「GeAR」も事前登録でエアドロップしています。

詳しく見る前に、とりあえず登録するわ!という方は ↓

4月中に事前登録、かつ 2万人限定のエアドロップ枠に間に合えば、5GeARトークン貰えます。

(ちなみに 今もすんなり 貰えます。)

またラインに登録すると、さらに3GeARトークン貰えます。

上記をクリック➡今すぐ登録してエアドロップを受け取る➡メールアドレス入力➡認証メールが来るのでURLをクリック➡

本登録(氏名、生年月日等。。)マイページで確認できます。

スポンサーリンク

GeARのICOはいつから?

GeARのICOは5月1日~スタートです。

ステージ1:5月1日~5月22日 ボーナス70%、1GeAR=1USD

ステージ2:5月22日~6月12日 ボーナス50% 1GeAR=1USD

ステージ3:6月12日~6月31日 ボーナス30% 1GeAR=1USD

個人的には、各ステージ同じ金額というところが個人的にはいいと思ってます。ボーナスに差はありますが、

詐欺案件などにはなりにくいと思っています。

GeARの内容は?

ゲームの世界で注目される3つの技術があります。

・VR(Virtual Reality) 仮想現実。

・AR(Augmentd Reality) 拡張現実。

・MR(Mixed Reality) 複合現実。

GeARはARに特化したプロジェクトです。

誰もが簡単にかつ自由にARゲーム制作ができて、ユーザーはゲームで目的を達成するために、そのプロジェクト毎に仲間を集めて

ゲームをすることができる分散型ARゲームプラットフォームです。

以前にVIBEの記事でVR,ARの説明をしていますが、ARで最も有名なのが、ポケモンGOです。

現実の世界とバーチャル機能を融合させたものです。最近ではIKEAのカタログなどもありますね。

GeARの9つの機関

①Lobi :ソーシャルネットワークを構築するコミュニティをつくるところ。

様々なスキルを持つユーザーと意見交換やゲームを作成することができる。

ゲーム開発の土台となり、人と人が繋がる場所。

②GeAR-Engine :ARのスキルを提供。

ゲームのソフトの芯となる部分をパッケージ化して提供してくれる。

③Build Room :クリエイターがゲームを製作する場所。

API接続の使用により、ゲームをGeARに接続できる。

分散型データーベースの使用で高速でセキュリティを確保できる。

④GeAR-Master :GeARのアドバイザーとAIで構成されるサポートチーム。

⑤Debog/Tstplay :AI Masterにはデバッグの作業を補助するデバッガを搭載している。

過去10年分のデータからテストパターンを作成。プログラムの不具合をサーチする。

オンラインゲームなどのアップデートの際に最も重要視される部分。

⑥Marketing :国ごとの法律を自動で精査して、公開国を自動選択。

言語の選択や、機能の追加、変更で他の国でも利用可能とする。

⑦GeAR-Store :クリエーターがゲーム内課金のサービスを実施するところ。

ゲーム内で使用する通貨の一括管理が可能。

⑧Guardian :不正行為の監視。セキュリティAIとGeARのTask Forceが行う。

⑨GeAR-Creaters Market :RNT(Real Money Trading)が可能。(ゲーム内でのアイテムの換金のこと)

取引の仕組みは、マルチシグエクスローを使用し3つの秘密鍵が使われ、そのうち一つをGeARが管理する。

GeARの今後は?

GeARは5月からICOが始まり、7月に9つの機関のテスト開始、10月に取引所上場。となっています。

ゲームと仮想通貨は相性がいいように思います。

大きく伸びていくかは、そのプロジェクトにかかっていますが、GeARにも期待して少額ですが、エアドロップ分は貰っておきましょう。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク