GMO・ステーブルコイン「GMO Japanese YEN」を来年発行!

こんにちは!sakuraです。

度々、登場するステーブルコイン!

今回ついに、GMOがステーブルコインを発行すると発表しました。

つい最近、日本版テザーとなる?!円基軸のステーブルコインを中国のブロックチェーン企業が発行予定とご紹介したところです。

(過去記事はこちら)

スポンサーリンク


 

日本円連動型「GMO Japanese YEN(GJY)」発行!

GMOは10/9、独自の日本ペッグ通貨「GMO Japanese YEN(GJY)」を、2019年をめどに、アジア地域に向けて発行を開始する。と発表しました。

日本円と連動したステーブルコイン(円ペッグ通貨) 「GMO Japanese YEN(ティッカーシンボル:GJY)」を アジア地域で

2019年度に発行 | GMOインターネット株式会社  https://t.co/XGKwzWPqGv

 

GMOプレリリースでは

価格の安定を実現するステーブルコインのポテンシャルに着目し、将来的な仮想通貨の決済活用を見据え、仮想通貨のボーダレスな

取引を支援するべく、ステーブルコインの発行に向けた準備を本格的に開始する

 

インフラで悩む途上国の通貨の無価値化を改善する案として、ステーブルコインが役立つとし、フィアット(法定通貨)の日本円と

連動するステーブルコインは「世界標準の革新的な金融インフラとなるポテンシャルをもっている」と述べています。

GMO Japanese YEN(GJY)は、日本円に担保された、法定通貨担保型(円ペッグ通貨)で、カレンシーボード制も検討しているということです。

(カレンシーボード制 :発行する「円ペッグ通貨」と同等の日本円を保有し、価値を担保すること。為替政策のひとつ)

GMOは仮想通貨業界において、「交換」「マイニング」事業にはすでに参入していて、このステーブルコインの発行で、「決済」の

分野へ参入することになる。

今回はアジアでの先行発行となり、日本での発行には金融庁の許可がいる。これについても、

「日本のGMOコインに上場させるとなれば、金融庁の許可がいる形になるが、(海外での)一定の運用実績があれば、

認められることになるのではないか」

 

GMOは銀行、証券、FX、そして仮想通貨を展開しようとしている、この関係はすべてつながりがあり、そのすべてをつなぐのが、

仮想通貨(GJY)になるだろう。と述べています。

 

来年は仮想通貨にとって、節目の年となるかもしれませんね。

 

本日のトピックス。

・Binance取引所 4つの通貨の上場廃止を決定。

1:Bytecoin(BCN)

2:ChatCoin(CHAT)

3:Iconomi(ICN)

4:Triggers(TRIG)

各通貨 5.4~20%の下落となった。

出金・取引停止される時間 :2018年10月12日 19:00(日本時間)

各通貨保有されている方は、早目に出金、またはBTC、ETHなどに交換してください。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク