Huobi取引所、新トークン販売プラットフォーム「Huobi Prime」開始!

こんにちは!sakuraです。

最近のビットコインは、44万~45万のあたりを推移していますね。

先日行われたBinance取引所の第3弾ICO「CELR」は、4.4億円相当が約17分で完売したようです。

人気の高さがうかがえますね。

そんなBinance取引所に対抗して、仮想通貨取引所Huobiでも新トークン販売プラットフォーム

「Huobi Prime」を開始するようです。

さて、Binance取引所との差別化はどのようになっているのでしょう!?

 

 

Huobi、新トークン販売プラットフォーム「Huobi Prime」とは?

Huobiの「Huobi Prime」の一番の特徴は。。

「価格制限」ラウンドでトークンが取引されるというものです。

トークンセールのフェーズを複数に分けて、ユーザー間取引までのプロセスをより早くしたことで、

差別化を図ったようです。

Huobi Primeで取引される通貨は、Huobi GlobalやKoreaなどに上場されることが約束されていて、

迅速な取引につながるようです。

Huobiは、この新しい販売方式を「DPO」(ダイレクト・プレミアム・オファリング)としています。

まず、第1弾は、「Top Network」(TOP)。

販売開始は、3月26日に予定されています。

・総発行枚数 : 200億TOP

・Huobi Primeの上場数 : 15億TOP

・段階別トークン取引数 : 第1:3億TOP 第2:4億5千万TOP 第3:7億5千万TOP。

・取引開始 : 2019年3月26日 22:00~(日本時間)

・トークン取引「価格制限」ラウンド : 第1 1TOP=0.00177$、第2 1TOP=0.00213$、

第3 1TOP=0.00255$。

・取引の時間(3段階) : 第1 22:00~22:29:59、第2 22:30~22:59:59、

第3 23:00~23:29:59。

・最初の取引通貨 : TOP/HT (第1~第3段階は成行注文のみ)

・取引制限 : 1000$相当のHTトークン(個人)

価格制限について

Huobiの説明では。。

「価格制限とは、より公平に発見と保ち、ユーザーから激しいボラティリティを軽減するために、一定の

範囲内に価格を設定すること。」 となっているようです。

また、価格制限は上場取引ラウンドの3回のみに設定されています。

その後はUSDT、BTC、ETHの取引ペアが提供されます。

Huobiの審査基準

審査基準は以下の4点です。

1:有価証券に該当しないトークン。

2:プロジェクト側のプロダクトやチームの健全性。

3:プロジェクト側の財政状況。

4:すでに他の取引所に上場しているか否か。

そして、今回第1弾となるTOPプロジェクトは、ブロックチェーン上で利用するコストの低い

メッセージアプリを提供する企業です。

さらにHuobi Primeでは、以下の特典も付けていくようです。

1:Huobi韓国で、韓国ウォンKRW、HT、USDT、BTC、ETH建ての取引ペアの提供。

2:HBUS(米国版)で、USD、USDT、BTC、ETH建ての取引ペアの提供。

 

先だって行われたBinance取引所のICOが非常に盛況で、これから各取引所も動き出すのではないでしょうか?

HuobiのHuobi Primeが今後どのように展開していくのか!?

注目されるところですね。

 

今週のFX 結果報告。

3/18 23.05pips。

3/19 -25.45pips。

3/20 46.87pips。

3/21 36.92pips。

3/22 -87.7pips。

Total -6.3pips。

今週は未決済分のEUR/USD の決済がやっとできました。。。が出先で携帯でやったので思ったより

マイナスでしたが、1weekで 微損だったのでこれもありかな。。と思うようにします。(笑)

来週は、3月最後の週ですね、負けないように頑張ります。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク