ICEの仮想通貨取引所「Bakkt」が市場に与える影響は大!

こんにちは!sakuraです。

今日はICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)による新たな仮想通貨取引所「Bakkt」(バックト)について、仮想通貨市場に

与える影響がかなり大きなものとなるようで、調べてみました。

ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)とは?!

ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)は、ニューヨーク証券取引所の親会社です。

今回ICEは、仮想通貨取引所「Bakkt」(バックト)を開設します。

投資家が直接ビットコインを売買、保管するのに適したプラットフォームを提供します。

ICEは、データを扱う事に注力していて、データフィードの提供による仮想通貨市場の透明性を確保しようとしています。

ICEとニューヨーク証券取引所の仮想通貨市場への参入は、機関投資家たちの資産の保管を強力にサポートすることを意味しています。

Bakkt取引所

マイクロソフトクラウドエコシステムを採用し、仮想通貨における法的規制に則ったグローバルなエコシステムとなる。

Bakkt公式ページ

公式ページをみるとかなり斬新なデザインでびっくりしました。今までの取引所とは違い、アートな感じでおしゃれ。。かな

すでにマイクロソフト、スターバックスと連携していて、個人投資家や機関投資家に対し、仮想通貨の売買や保有、決済を可能とする

プラットフォームを提供します。

親会社のICEの先物取引プラットフォームを統合して、現物決済のビットコイン先物取引も売買する予定です。

Bakktは法規制に準拠して、11月オープン予定です。

スポンサーリンク

仮想通貨市場への影響

この資産の保管手段を提供することの意味は、実はとても重要な事なのです。

ICEによる、ビットコインを用いた資産保管方法は、「仮想通貨が新たな資産クラスになる事を意味している。」という事なのです。

新たな資産クラスとなる、仮想通貨。

このことは、数十億ドル規模の年金ファンドや、寄付金、機関投資家たちの資産が仮想通貨市場への流入をもたらすことになる、ということなのです。

ICEがアメリカ証券取引委員会が認可する形で、仮想通貨取引所を開始したら、仮想通貨市場は開放され、前進し数兆ドルの市場規模に

なると言われています。

さらに、アメリカ投資会社BKCMのCEO・Brain Kelly氏は。。

「今年最大のニュースであり、政府認定の取引所と保管サービスで取引が可能となり、ビットコインETFも認可が容易になるはずだ」

と述べています。

以前ご紹介した、ビットコインETF認可の足掛けにもなるんですね。

まとめ

今日のビットコインは、約780000ほどで、どちらかというと低迷している感じなのですが。。

ゴールドマンサックスの参入や、今回のICEの参入などで、ビットコインや他のアルトコインが徐々に一般社会に浸透していくことに

なるのではないでしょうか?!

ニューヨーク証券取引所の親会社の参入は、仮想通貨にとって明るいニュースであり、今後に期待したいと思います。

 

補足 :よく聞く機関投資家とは

・個人投資家、顧客から拠出した巨額の資金を運用、管理する社団法人などの事。

保険会社・信託銀行・年金基金・損害保険会社・投資信託会社・投資顧問会社。。などの事です。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク