ICO COMSAについて

今回は、話題のICOの中から、COMSAについて書きたいと思います。

まずは、ICOから。。仮想通貨に興味のある方なら、自然と耳にする事が
多い、ICO(Initial Coin Offarence)ですが、

株の世界でいうIPO(新規上場株)のことです。(全く同じではありません。)
新規の株式を株式市場に上場することで、多額の資金を集め、新たな事業
展開や、設備投資などを行う。
株式の場合、IPOを買うのは抽選です。倍率も大企業や人気の企業などの
場合、100倍とかもありで、中々当たりません。( ノД`)
しかし、上場すれば上がるということです。それはほしい!!

IPOを買うためにする事は
1:証券会社に口座を作り、日本円を預ける。
2:預けたお金でIPOに応募!
3:抽選で当選!(おめでとう♡)
4:購入

では、ICOの場合は
1:仮想通貨取引所に口座を作り、日本円を預ける。
2:ICOに対応する通貨を買う(BTC、ETH など)
3:ICO購入(プレセールなど購入期間が決められている事が多い)
抽選は基本ありませんが、人気のICOなどや、発行数量が決められている通貨
など、買えない事もあるようです。
つまりは 日本円では買えず、BTC、ETHなど日々値が変動するので、
高騰していると、焦りますよね。

つまり、ICOとは 企業やプロジェクトチームや個人(でもOK)が新しいトークンと
呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売する事で開発費や資金調達することです。

注意点は、サービス開発前に資金を集めるため、開発が中々行われない、実現可能な
技術が伴っていなかった、いろいろ問題が起きて、実現がむつかしくなる。。。。
と中には、はなから実現しない!(WAO!)という詐欺まで。。

これらのリスクを減らすには 「ホワイトペーパー」と呼ばれる企画書が公開されますので
よく読んで、いろいろな方面からの確認が不可欠になります。
また、必ず余裕の資金で行って、上場されたら、まずは元本回収!を第一に考えましょう。!

しかし、今までにない 株より少ない資金で始める事ができるのも、魅力ですよね!
しかも最近のICOで10倍~100倍 と聞くと、興味が出てきますね。

スポンサーリンク

 

今回はそんなICOの中からCOMSAについて(あくまで私的な意見です。)

COMSAは日本初のICOプラットフォーム!です。

COMSAはZaifを運営しているテックビューロ社の開発です。

COMSAは2017年10月1日までに事前登録した人のみ、10月2日~11月6日の約1か月間
買う事ができます。
(現時点では、一般では買えません。。。残念な事かもしれませんが、COMSAについて
知っておくと、上場後、買えるチャンスが来るかもしれません。)

COMSAの可能性

★COMSAは11月6日で権利者が購入を終えると通貨の流通にロックがかかります。
それからは一切発行せれないのです。(つまりは価値が上がりますよね)

★COMSAはなにをする?
COMSAでできることは ICOなのです。
今後 いろいろな企業のICOをするためにある通貨なのです。そうCOMSAを持っていなければ、
ICOに参加できない! ということになります。(もちろん ほかの通貨で参加できるものも
ありますよ)

買いたいICOがある。➡COMSAでしか買えない!➡COMSAは増発行されない➡取引所でかう
しかも すでに2件 COMSAでしか買えないICOの案件があるようです。

なんだか 上がる事しか考えられなくなってきた。。
私は事前登録までは、済ませてますので何とか 少しは購入できそうです。
今現在はBitcoin、イーサリアム、ネム、ザイフトークンで買えるようです。

しかし COMSAはトークンセール終了時、50億円の時価総額になった場合、
50億円分のCOMSAトークンが追加発行される。と発表!しています。
(追加されないんじゃなかったのか。。。。)

ただ追加されるトークンの半分(全体の1/4)は、ティックビューロー社が保管し、
今後に生かす。そうです。
残る半分に関しても、開発者たちへの還元目的や広告費にするようです。
なので売りの圧力には ならないように思います。

あとは 今後COMSAが扱うICOの案件がどうなんだ!?という事になりますね。
そもそもきちんと審査されてのICOでなければ、COMSA自体も傾きますから、
そこは慎重に行われると思います。

これから上場してどうなっていくのか?!ますます目が離せません。

COMSA – 実ビジネスのブロックチェーン技術導入を支援するICOソリューション

sakura🌸でした。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。