新ICO「Firop」エアドロップ中!その特徴と将来性は?

こんにちは!sakuraです。

GW中ですが、今日は新ICO「Firop」について、ご紹介します。

数あるICOの中から「Firop」を選んだのは。。

「Firop」のコンセプト、「人類の新たな大河を造り出す最初の一滴!」なんとも広大なコンセプトじゃないですか!

私たちが生きる上で欠かせない「水」に関するICOのようですが、ブロックチェーンと「水」、どのように結びつくのでしょう?!

まあ、でもとりあえずエアドロップ!という方はこちらから ↓

Firopの特徴

Firopは「造水技術の研究機関に特化したマーケットプレイスの構築」を目指しています。

マーケットプレイスとは、様々なサービスが交換される場、のことで現代の生活に欠かせないものとなっています。

生産者、消費者などの参加者がそれぞれ多様な価値観をもって自由に選択できる場所なのです。

Firopでは、マーケットプレイスを「世界の証券取引市場を含む総称」としてとらえています。

Firopの構築するマーケットプレイスは「中央管理者を必要としないDEX(Decentralized Exchange)」を取り入れ、

P2Pの取引を可能とした、分散型マーケットプレイスを目指しています。

そしてここに、私たちの大切な「水」が関わってきます。

「水」について

生命の根源「水」、日本では当たり前に水道から飲料水が得られますが、世界的に見ると「水」は枯渇に向かっています。

地球における水の総量は14億km3、当然そのうち海水が97.5%、淡水が2.5%(思ったより少ないですね)

その2.5%のうち、北極・南極の氷が1.75%、地下水が0.72%。。。

結局人類が利用できるのは、0.01%(地球の総量に対して)。。少ない。。

そしてこの少ない水を、農業、工業、酪農、生活用水に使用しているのです。

そしてここに人口増加が加速をつけて、淡水は浄化不可能ほど汚染され、再生可能な水は40%減少しています。

そこで、造水技術の役割が大きくなるんですね。

スポンサーリンク


 

造水技術とは?

今でも造水は行われています。海水や下排水などを、人類が利用可能な状態にするという事です。

しかし、現在主に行われている造水で問題となっているのが、発電設備の冷却に大量の水が必要だったり、二次的な

二酸化炭素の排出などが上げられます。

これらの問題に対応して、空気中の水蒸気から水を生み出す方法や、海水に含まれる塩分分離菌による淡水化、、など。

しかしここでさらに問題となっているのが。。

・造水開発が資金と利権を持つ特定の企業に偏っている。

・多くの投資家に情報が流れていないため、資金が潤滑に回らず、開発が遅れてしまう。等々

 

つまり「Firop」は、このような現状の問題は、「造水研究の分野にマーケットプレイスの仕組みが成立していないため」

と考えているんですね。

「Firop」はDEXを使い、多くの研究機関と投資家がつながる場を提供し、資金調達を実現させ、造水技術の早期実現化に

向けた開発環境の構築を目指しています。

Firopの将来性は?

造水分野は「グリーン経済」と呼ばれています。(グリーン経済とは「自然環境と社会を調和させた経済」)

今後長期にわたって、リターンが見込まれる世界の中心的経済となる巨大市場で、「次の世紀の石油!」とも言われています。

将来必ず直面する、「水」問題、プロジェクトが進めばかなり注目を集めるのではないでしょうか。

今までなかった分野になりますので、先駆者的にも魅力ある案件だと思います。将来性もかなり高いと思います。

短期的に動くかはわかりませんが、将来的にはプロジェクトの成功を楽しみにしたいと思います。

 

では、そんな「Firop」のエアドロップの貰い方を簡単に。。

上記をクリックすると、

Receive your Airdrop をクリック。

もう一度Receive your Airdropをクリック。

メールアドレスを入力、✅を二つ入れ、登録。

登録メールアドレスに確認メールが届きます。

送られてきたURLをクリック。(迷惑メールホルダーも確認してください。)

本登録の画面になります。

名字、名前、生年月日、パスワードを2回入力、登録。

 

登録完了画面になります。

トークン履歴を見ていただくと、エアドロップされた、5FDPが確認できます。

FiropのICOスケジュール

ICOのスケジュールをサクッとお知らせします。

Token : FDP

1FDP : 0.5USD

エアドロップ :5月1日~8月31日

ICO : 6月1日~8月31日

ボーナス : 6月1日~6月15日 200%

6月16日~6月30日 150%

7月1日~7月31日  50%

8月1日~8月31日  20%

上場予定 : 2018年12月(ホワイトペーパーより)

なんと、第一弾のボーナスは200%!! 購入するなら、第一弾がお勧めですね。

また、ICOが近づいたらお知らせします。

 

本日のトピックス

・世界最大手金融グループ・ゴールドマンサックスは、取締役会の承認を得て、顧客に代わりビットコイン先物の取引を

数週間後に開始。(日程は未定)。

・金融事業者の2割が、仮想通貨業界に参入の見通し。

・南北首脳会談の板門店宣言をイーサリアム上に記録。(韓国のプログラマー) 日本のアベさんにも教えた方がいいのでは。。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク