ICO「 FREAKSTREAM」今なら事前登録でエアドロップ中!

こんにちは!sakuraです。

今日は今ならエアドロップで10$分のトークンが貰える、ICO「FREAKSTREAM」について、ご紹介します。

では、ICO「FREAKSTREAM」とはどのようなプロジェクトなのでしょう。

ICO「FREAKSTREAM」

FREAKSTREAMは、俗にいう「オタク文化」に注目したプロジェクトなのです。

今は「オタク」も、市民権を得たように思いますが、少し前はアニメ、ゲームなどに夢中になり、人とかかわらず家に

引きこもる。。っていう感じでしたが、今ではYouTubeなどで立派に生活されている方もおられます。

今では一つの文化として、いろいろな経済効果を生み出していると思われます。

SNSの普及はめざましく、YouTube、Twich、Facebookなど、個人、団体が世間一般に向けて情報を発信しています。

 

このようなLIVE動画配信のプラットフォームをブロックチェーン技術を使って、よりよいものにしようとしているのが、

「FREAKSTREAM」のプロジェクトなんです。

現状の問題点とは?

YouTube、TwichのLIVE配信などの問題点は。。

・手数料が高い :例えば視聴者が1000円の投げ銭をした場合、10%ほどがプラットフォーム提供会社にとられます。

・コンテンツがプラットフォームに依存している :YouTubeなどでは、配信後の録画されたものはプラットフォーム

提供会社が所有しているので、配信者の了解なしに突然削除されたりします。

・通信環境に左右される :サーバーが混みだすと繋がらなかったり、視聴環境が変わると途切れたり、くるくる回って

見れなくなることが多いですね。

「FREAKSTREAM」では、これらの問題をブロックチェーン技術を用いて解決します。

ブロックチェーン上に動画を保存することによって、サーバーに保存することがなくなり、サーバーダウンなどの

影響もなくなります。余分なサーバー代もかかりませんね。

配信者にとっても、視聴者にとってもいい環境になるということです。

スポンサーリンク

「FREAKSTREAM」のトークンの使い方

「FREAKSTREAM」のトークンは「XFS」です。

XFSは主に、投げ銭として使われます。

投げ銭?!といわれて、そんなに流通するの?と思われる方も多いと思いますが、意外にも万札が投げ銭されることも

よくあるようです。

配信者の方も多くの投げ銭を貰うために、いろいろと工夫しているようで、「何卒宜しくお願い致します。」のお願い系や、

メリットを強調する系(秘密のあのこと教えます。。など)私自身は、投げ銭したことないのですが、意外と大きな金額が

流通しているんですね。

そんな「FREAKSTREAM」ですが、ICOは7月1日からスタートです。

ボーナスの付きますので、また6月末ころにはお知らせします。

今なら、事前登録だけで、10$分のXFSトークン 100XFSを貰えます。

ICOはゆっくりホワイトペーパーなどを見て、検討してください。

 

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク