ICO PLAYCoinとは?特徴と将来性

こんにちは!sakuraです。

今日は、ちょっと情報が少ないPLAY Coinについて。。

仮想通貨の師匠が、PLAY Coinもいいよね。。とつぶやいていたので、調べたのですが。。

どうも日本では入手がむつかしい?!そうなると余計に気になってきて。。。

PLAY Coinの特徴

PLAY Coinは「ゲーム市場の革新的仮想通貨」といわれ、従来のゲーム市場に革新を起こす可能性のある暗号通貨とブロックチェーンを

活用したプロジェクトになる。と期待されています。

公式サイトはこちら

PLAY Coinのビジョンは「ゲーム開発者とゲーマーを直接結び付ける」というものです。

・ゲーム開発者は、不要なマージンを取られる事なく収益を得る事ができます。

・ゲームユーザーは、ゲームをシェアするとPLAY Coinを報酬として得る事ができます。

・またゲームユーザーは、コンテンツを購入するためにPLAY Coinを利用することができます。

 

Qbao Networkとのコラボレーション

ゲーム関連プロジェクトのPLAY Coinと、Qbao Networkのゲームポータル運営がコラボレーションすることが決まりました。

Qbao Networkとは、ブロックチェーンをベースにしている支払いゲートウエイなのです。

Qbao はすでに、上場しているコインで、「QTUM、QBT、VUE、INK」などをサポートしています。

Qbao Networkでは、ウオレットとしての機能、トークンの転送としての機能があります。

この協定によるメリットは。

より多くのゲーム制作者が、次世代のプラットフォームでゲームをリリースするとこができ、ブロックチェーン技術は全ての権利を保護

することができます。

ゲームクリエーターは、ゲームに参加して気に入ったゲームをユーザーに宣伝することで、ゲーム開発者の利益の一部をPLAY Coinとして

報酬を受け取れます。

PLAY Coinの将来性

・やはりまずは、ゲーム市場の大きさですね「2017年で、1160億ドル(米国調査)に達する」と言われています。

・PLAY CoinのICOは、中国アリババのセキュリティを担当するGameHubという会社が行い、すでに東南アジアで活動している

インフルエンサー約400人と提携しています。400名のインフルエンサーで毎日400万のビューの露出ができると言われていて、非常に

短い期間でPLAY Coinは市場に浸透すると思われます。

・サムスンのスマホ「サムスンs9」にPLAY Coinウォレットが標準装備されます。(3億8000万台)

・PLAY Coinはすでに、Bitmexと提携していて、5月までにBitmexに上場予定のようです。

Bitmexに関する記事はこちら

いろいろと楽しみな情報満載ですね。ゲームに関する仮想通貨は多いですが、その中でもかなり面白い通貨となりそうです。

しかも、上場が決まっているのは、期待値上がります。

PLAY Coinはどうやって買う?

メイントークンセールは3月31まで行っていますが。。

残念な事に、PLAY Coinは日本では買えないようです。

こちらもいろいろと、怪しげな勧誘があるようで、「残り僅か、まだ枠がありますよ~」なんて来ても乗ってはいけません。

本当に購入できるツテを持っている方もいるかもしれませんが、リスクはあります。

私はしっかりと上場してから、考えます。。。ゲームあんまりやらないし、最近ICO貧乏になりつつある。。。

今日はPLAY Coinについてでした。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク