ICO REGAIN 売上良好!残り40%

先日からお伝えしている ICO「REGAIN」売り上げは良好のようです。

上記は今朝9:00頃のものです。今お昼を回ったところなので、3000トークンはこしていると思われます。

残り2000トークンで、ステージ1は終了なので、年内には終了しそうですね。

数あるICOの中でも、順調に売れていますが、その理由をもう一度考えてみました。

REGAINの魅力とは?!

やはり何と言っても、「REGAIN」はトークンを持っているだけで、収益が発生するからです。

「REGAIN」はユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安定化を目指す。事を目的に作られています。

そしてマイニングのプロたちが、開発に加わっています。

集めた資金をマイニングの機械や電気代などに投じて、利益の半分以上は、REGトークン保有者に還元する。というものです。

普通ICOと言えば、取引所上場を今か今かと待って、値上がりを期待するというものです。。。
保有するだけで、収入源になる!というのは、うれしいことですよね。

マイニングの収益と言えば、仮想通貨のhype Bit●●ub をご存じの方もおられると思います。
Bit●●ubも きちんとビットコインを配当してくれているようですが、期限があります。また最初の資金は戻ってきませんね。

「REGAIN」は持ち続けていれば、マイニング報酬は入りますし、「REGAIN」の価格が上昇すれば、売却して元本以上に、資金は戻ります。

このシステムが実地されれば、コインの価格も上昇するかもしれません。

「REGAIN」の上場はいつ?

収益が入るとは言っても、やはり上場はいつになるのか? 気になるところです。

「REGAIN」のICOは、ステージ1~ステージ4まで、2018年11月頃までの予定です。

その後、3~4か月(だいたいですが)で上場することが、最近のICOでは多いので、2019年に入ってからと思います。

そう聞くと上場までが長く感じられるかもしれませんが、マイニングの報酬はステージ1で購入した場合、2018年4月から実地される予定です。

つまりステージ1で購入すると、ステージ4まで行かずに、ほぼ元本は回収される。という事ですね。

本当に4月から、マイニング報酬が入るの? と思われるかもしれませんが、もし配当がなかったら、その時期から行われる、ステージ2、3、4で「REGAIN」を購入する方は、いないと思います。

ICOはやはり、そのプロジェクトを遂行するために、資金を集めるのですから、本末転倒の事態に陥ります。

なので個人的には、配当は行われると思っています。。。。(ほんとに個人的には、です。)

しかし、ICOは心配!という方は、ホワイトペーパーをよく読まれて、考えてください。

資金は今はない! という方も、「REGAIN」が本当に配当が入るのは4月なので、そこまでに資金をためる。という事もできます。(割高になりますが。。)そして事実も確認できますしね。

先が楽しみな「REGAIN」です。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

sakura🌸でした。

マネージョイント

スポンサーリンク