カジノ法案成立の見通し!仮想通貨との関りは?!

こんにちは!sakuraです。

昨日TVのニュースで、国会の様子が流れていましたが。。

19日、カジノを中核とする総合型リゾート(IR)実地法案が、自民、公明、日本維新の会の賛成多数で可決されました。

20日には、本会議で可決され、成立する見通し。

実はギャンブル大国!日本!

日本で盛んな、競輪、競馬、競艇、そしてパチンコ。。

その経済効果はかなりのものと思われます。

現状、上記のものに参加するのに、特に身分証明書の提示などはありませんね。もちろん未成年はだめですが。。

しかし、カジノとなると、話は別格のようで。。

日本人のギャンブル依存症対策として。。

・日本人は入場1回に付き、6000円の入場料を徴収される。

・週3回、月10回までの入場制限が設けられる。

・カジノでの利益は30%の納付義務あり。

・マイナンバーカードでの本人確認が必要。

・20歳以下、暴力団員入場不可。 などなど。

この法案が通れば、全国に3か所のカジノができます。

長崎、大阪、北海道、、たしか立候補していたと思います。

また、カジノ運営業者は、国の免許をとる必要があり、カジノ管理委員会(内閣府)が審査を行う。となっています。

スポンサーリンク


 

 

仮想通貨とカジノ

仮想通貨、ブロックチェーンの特徴といえば、決済スピードの速さ、不正、改ざんができない、両替の必要がない。。。などです。

現在上場している通貨でも、ゲーム、ギャンブル(カジノも含む)に特化したものがかなりありますね。

訪日外国人にとっても、いちいち両替せずに、手持ちのコインでカジノができれば、メリットは大きいです。

かなり前にご紹介した、Decent Bet、すでに上場は果たしていますが、頑張って日本のカジノに入ってきてほしいものです。

今後に期待してしまいます。

カジノも、これから場所を決め、施設を建設して、運営していくとなると、まだ時間がかかりますが、外国人観光客の利用も視野に

入れているとなると、ちょうどオリンピックと重なるように持って行くのでは。。と妄想しちゃいます。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

おまけ

日本語対応でエアドロップが無料で貰えるアプリのサイトです。

かなりの量がありますが、ICOの評価、コミュニティの評価などを参考にゲットしてください。

あまりたくさん貰うと管理が大変になります。サイトのパスワードなども使い回しはやめましょう。

エアドロップのサイト

 

スポンサーリンク