仮想通貨 Ctcとは

こんにちわ!
今回は 最近ICOで参加した、仮想通貨Ctc(Coin to Coin)についてです。

Bitcoinは、今日(2017/10/27)現在約680000円(BitFlyerより)です。
1年前は8万もしなかったと思います、物凄い価格変動ですね!そうなんです、
仮想通貨の事を知っても、敷居が高くなって、ボーナスはたいても、1bit 買える?!
という人も多いのでは。。。

そこで Ctcが その敷居を低くしてくれる役割を持っているんです。
Ctcは、小銭を仮想通貨に変えることができるんです。!

Ctcとは

 小銭をCtcのATMで換金して仮想通貨を持つ。これならかなり手軽に仮想通貨に
 ふれることができ、そこから仮想通貨の事を知る事ができるのではないでしょうか!
たとえ少額でも、自分が手にすることによって、興味もわいてきますね。

仮想通貨Ctcのことを分かり易く、説明しています。
まずは 動画をご覧ください。

小銭?!と思われるかもしれませんが、多くの国で使用されていない外貨(小銭を含む)はじつは
かなり多いんです。
日本単独でも、毎年31億ドル以上、イギリスでも23億ドル以上、世界中では約900億ドル以上に
なります。 チリも積もればナントカ。。。。 小銭といっても あなどるなかれ。。

Ctcのビジョン

 ★CtcのATMを利用して、大人から子供まで誰でも暗号通貨に直接投資することができる
  ようにする事。
★子どもたちに暗号通貨を教える事
未来に向けて 子どもたちに暗号通貨の教育は大切ですが、困難な事も多い。
コインをATMにいれ、くり返し使用する事で、暗号通貨に触れる機会を増やし
誰でも教える事ができます。
★デジタル部門の排除
アナログ経済によって運営される地域に対してCtcのATMが多くの国で
プラットフォームとして使用されることを目指します。
★店舗と顧客のコミュニケーションの向上
コインが商品の購入時に交換され、顧客の情報を店舗側が得ることができ、
相互のコミュニケーションに役立てることができる。
Ctcプラットフォームが提供するマーケティングオートシステムとの調整を利用する。

Ctcシステムは、海外旅行、日々の買い物、投資などの硬貨や紙幣を仮想通貨に交換することが
でき、顧客と店舗間の通信を促進することができる、動的なアイディアを備えたモバイルアプリケーション
とを 組み合わせたATMシステムの事です。

スポンサーリンク



Ctcの特徴

★各交換機は、値を決定する暗号通貨交換機と連動します。
★買収と売却の両方を行える。
★マルチ通貨サポート
当初は 米ドル、ユーロ、日本円、中国元
2018年以降 ロシアルーブル、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、韓国ウォン、
アラブ首長国連邦ディルハム などに対応予定
★コインのサポート
★コインの入札は第一段階で 26万店舗を予定
★世界中で購入できるように、プラットホームを作成していく。

システムの仕組み

★世界中の様々な通貨をCtcATMに入れる➡その価値分のbitcoinをCtcNote(紙に印刷された
金額分のbitcoin)として得る➡CtcNoteのQRコードをスマホで読み取る➡スマホ内のウォレット
に入れる➡bitcoin対応店舗で使用する。
★逆にCtcNoteをCtcATMに入れる事で、現金を受け取ることもできる。

★CtcATM 最低取扱金額 : 100円以上1円単位
1回取引手数料 : 50円
日本の大手取引所のその時のレートに3%上乗せした価格がCtcATM,CtcPoket(専用
プリンター:ほぼスマホ同サイズ)のbitcoin取引レートとなる。
★bitcoinは運営会社が保有し、それぞれのCtcATMからの注文に対し決済、CtcNoteにプリントアウト
される。
★導入店舗は30万円の保証金を支払い、その分のbitcoinを受け取る。
bitcoinが値上がりすれば、その差益を取ることもできる。

またICOでCtcを保有すると、配当がもらえます。
CtcATM、CTCpocketで取引された総量の2.5%が、保有トークンに対して配分されます。
トークン保有者はCtcATM、Ctcpocketの代理店になれます。代理店は取扱額の0.5%の収益を
得る事ができます。
トークン保有してない場合、Ctcpocket、CtcATMを購入することで、代理店契約を結ぶことが
できます。

さらにCtcATM、CTCpocket導入店舗は、取扱毎に50円の手数料、取扱額の0.5%の収益を
継続的に得る事ができるようです。

 

Ctc どうですか? いろいろと 成功させるには、マーケティング力がいるようですが、
世界中で眠っている小銭を有効に活用できて、仮想通貨にふれる事もできる。
今後に期待したいと思い、少しだけ購入しました。
中々 おもしろいですよね。

sakura🌸でした。

スポンサーリンク