仮想通貨51%攻撃、その内容は?対策は?

こんにちは!sakuraです。

最近Monaコインが51%攻撃にあって、次にVerge、先日はビットコインゴールドと次々に被害の出ている、51%攻撃です。

ビットコインゴールドでは、被害額は約20億円とも言われています。

今日はその51%攻撃について。。

51%攻撃って?!

51%攻撃とは、ある悪意のあるグループ、又は個人により、ネットワーク全体の採掘速度の51%(半数以上)を支配し不正な取引を行うことです。

つまり、一人のノードが全体の計算量の51%以上を支配し、①不正な取引を正当化することで、②正当な取引を拒否させ、③採掘を独占してしまう。 ことなんです。

ただ、攻撃者は51%攻撃を行ったとしても、期待に見合う利益を得る事はない為、ノードは51%攻撃を行わない。と考えられています。

つまり、51%攻撃の脅威により、ビットコインの安全性が疑われ、ビットコインの価値が下がる。攻撃者は下がったビットコインを得ても、

利益にはつながらない。

また、51%攻撃には、後ほどお伝えしますが、コストがかかります。

51%以上の採掘速度を確保するためには、現実的にコストパフォーマンスが得られないのです。

しかし過去、2013年12月に、Ghash.ioというビットコイン・マイニングプールの採掘速度が50%近くなり、51%攻撃が懸念され、

ビットコインの価格が下がりました。なので全く攻撃されないということではないのです。

攻撃には二つの方法が考えられます。

1:仮想通貨マイニングを独占するのに必要な端末を数多く用意し、仮想通貨ネットワークの過半数を占める計算能力を得る。(現実的ではないですね)

2:既存のマイニング環境を使う。(当然不当に)

通常は2のパターンで行われるのです。

実際の51%攻撃に掛かるコストはどの位なのでしょう。

スポンサーリンク


 

51Crypto

51Cryptoでは、既存のマイニングで51%攻撃を1時間行う時の、コストが分かるサイトです。

コスト算出額は、マイニングサービスの「Nicehash」の情報を元にしています。

表は左から、通貨名、通貨シンボル、時価総額、ハッシュアルゴリズム、マイニング速度、51%攻撃を1時間行うコスト、Nicehashのマイニング%。

51%攻撃を1時間行うコストの例を挙げると。。

・ビットコイン : $564,909 (今日の$円 108円で 約6100万)

・イーサリアム : $377,922 (約4080万)

・ビットコインキャッシュ : $68,267 (約730万)

・ライトコイン : $65,272 (約700万)

・Monero : $20,019 (約210万)

その他もう少し見てみますと。。

・Bytecoin  : $557 (約6万)

・Zcash : $65,984 (約710万)

・ビットコインゴールド : $3,858 (約41万)

・Monacoin : $2,889 (約 30万)

ご覧のように、上位10位を占める仮想通貨のほとんどは、ハッシュレートが高いこともあり、51%攻撃にコストがかかるので、

充分な利益を得る事ができないようです。

先日のビットコインゴールドのコストは約41万と低いのがわかります。低コストで51%攻撃ができたんですね。

ではハッシュレートの低い通貨は、51%攻撃を受けないようにするにはどうすればいいのでしょう。

現在提唱されているのは、

・Pos(保有による証明)プロトコルへの変換。

・ハッシュアリゴリズムのアップデート。

・ブロック承認に必要な確認数を増加させる。

・シャーディング(分裂)。

などです。

 

今後仮想通貨の注目度が高まり、ブロックチェーン技術の進展が進んでいき、世間に仮想通貨が浸透すれば、するほど、それらを不当に

得ようとする人々も相対的に増え、より独創的なアイディアで臨んでくるでしょう。

ですが、それ以上に社会的インフラとしての仮想通貨の普及のために、日々研究を重ね、努力している人々が多くいるのも事実です。

仮想通貨の世界はまだまだこれから発展していくと思います。

スポンサーリンク