仮想通貨Augur(オーガー/REP)未来予測市場とは?

先日から、大変な騒動となったコインチェックですが、収束の方向ですね。

これからどうなっていくのか、分かりませんが冷静に柔軟に対応していくしかないですね。

そんなコインチェックでも取扱されている「仮想通貨Augur」について、今日は調べてみました。

仮想通貨「Augur」(オーガー)とは?

通貨名 :Augur(オーガー)

通貨単位 :REP

公開日 :2016年10月

発行上限枚数 :1100万REP

仮想通貨Augurは、イーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトの一つで、ブロックチェーン技術を利用した完全にオープンソース、かつ分散型の予測市場プラットフォームです。

Augurとは、正確にはプロジェクトの名称で、通貨はRequtation(REP)なのです。

予測市場とは、未来におけるイベントにREPをかけ、予想が正しければREPが報酬として貰えて、間違った人は、賭けたREPを失います。

予測市場の判定は、「群衆の知恵」という分散型のシステムとブロックチェーンが使用されます。

通常のギャンブルとは異なり、胴元が存在しないので、「レポーター」と呼ばれる多数の人が、分散的に事実を判定する、という仕組みになっています。

つまりAugurの特徴は「ギャンブルのテーマを決め➡オッズの設定➡掛け金の預かり➡報酬の支払い」という一連の流れを、ブロックチェーン上で自動で分散的に行えるということです。胴元が存在しないので、不正な取引がないのですね。

ギャンブルと言ってきましたが、未来予測なので、日常的に「1週間の○○地方の天気は?」「日本の次期首相は誰になる?」などでも、提案することができます。最近のもっとも気になる「コインチェックは生き残れるか?」などでも、興味のある方の多い話題だと提案できますね。

Augurの真価は、リスクヘッジとしての使い方ができる事です。

例えば、力士が「明日の試合に勝つ」と予測市場をたて、自分自身は「負ける」ほうに賭けておく。
勝てば、賞金が貰え、負けてもREPが貰える。という事です。

日本では、賭博は禁じられています。しかしギャンブル以外の保険などでも、ギャンブル的要素が含まれているという事なんです。

あのホリエモンさんが、Augurや保険の始まりなんかについて語られている動画がこちら↓(少し前の動画です。)

 

 

現状のギャンブルは、胴元がいて中央集権です。

くじの中に、あたりは10枚!と言われても実際には誰が1本目で、誰が10本目なのかは分かりません。

Augurでは

・誰でもかけ事を作れる。
・誰でも賭けに参加できる。
・結果をレポーターたちが分散的に判断する。
・配当を自動的に配分する。
事が可能です。運営がいないということは、余分なコストもかかりません。

スポンサーリンク

 

Augurの価格と今後

今日のAugurの価格(Poloniexより)

Augurの価格は約9000ほどで、時価総額は38位です。

最近の仮想通貨市場の値下がりで、Augurも値を下げています。買い時と言えば買い時ですね。

Augurの未来は やはり、国に予測市場が今後認められていくかが大きな問題ですね。

胴元がユーザーより有利な、現状の形より、不正ができず、誰でも予測市場に参加できるAugurのほうが、健全であると言えます。

このAugurの仕組みとETHのスマートコントラクトの仕組みがあれば、予測市場は実現していくのではないでしょうか?

今後も注目していきたい通貨だと思います。

sakura🌸でした

スポンサーリンク