仮想通貨「EOS」 7/2メインネットに移行!マイイーサのEOSは凍結される。

こんにちは!sakuraです。

今日は、7月2日にメインネットがローンチされる、仮想通貨「EOS」について。。

EOS保有者には、超重要な事柄になりますので、要チェック!です。

イーサリアム上のEOSは、7/2で凍結されます。

仮想通貨「EOS」のメインネットとは?

仮想通貨「EOS」の開発チームは、7月2日にメインネットをローンチすると発表しました。

これにより「EOS」はイーサリアムのブロックチェーンから切り離されます。

「EOS」はこれを受けて、60%以上の価格の上昇をみせました。

現在、EOSはイーサリアムのERC20トークンとして発行されていますが、メインネットに移行するため、イーサリアム上の

トークンは凍結されるのです。

「マイイーサウォレットに「EOS」を保管している方は、7月1日までに「EOS」のメインネットに登録を

済ませなければいけません。」

メインネットに移行することでのメリット

メインネットへの移行で。。

・送金手数料が無料になる。

・取引処理能力の向上 : EOS:100万トランザクション/1秒

イーサリアム:15トランザクション/1秒

これだけの速度でトランザクションが処理されれば、膨大な量の情報をやり取りする企業などが、EOSのメインネットを

取り入れることで、大幅な情報処理能力の改善が見込まれます。

スポンサーリンク


 

メインネットへの登録の仕方

メインネットへの登録の仕方については、残念ながら日本語対応は見つけられませんでした。

英語版なのですが、英語堪能な方は参考になさってください。


じゃあ どうすればいいのか?!。。。

各取引所で、トークン対応を表明しているようです。

トークンの交換はBinance、Kucoin、Bigone、Krakenなどが対応を予定しています。

この中でいち早くBinance取引所がツィートしています。

 

さすがBinance取引所ですね。

やはり「EOS」の今後に期待して、保有しているのであれば、とりあえずBinance取引所に移しておくほうがいいと思います。

まだ、Binance取引所開設されてない方は、こちら↓

7月1日と聞くとまだまだ先だなあ、、と思いますがやれるときにやっておいた方がいいですよ。

 

今月になって、ICOの上場ラッシュが来ています。

当ブログでも、Quanta、FuzeX、Wowbitなどの上場を紹介してきましたが、Apos、Jobコイン、PLAY2LIVEと続いていきます。

色々参加していると、やる事が多くなってパスワード、復元フレーズの管理などする事が多くなります。

先延ばしにするとあとあと大変ですね。(私の事です。。。)

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク