仮想通貨Experience Points(XP)特徴と将来性とマスターノード

こんにちは!sakuraです。

今日は草コインの元祖?!とも言われているExperience Points(XP)についてご紹介したいと思います。

Experience Points(XP)とは?

XPは完全に独立した、プラットフォームにとらわれないインセンティブ報酬トークンとデジタル通貨を組み合わせた通貨です。

以前の記事で、マスターノードを建てられる通貨として取り上げた中にも入っています。

XPの公式ページはこちら

現在の時価総額ランキングでは181位、今日現在の価格は0.023JPYですね。

2018年1月6日に最高値0.00525USDを付けています。(0.01円から0.6円まで高騰!)

英語ですが 動画を視聴ください。

XPの特徴

・Experience Points=経験値 とは、例えばゲームなどで敵を倒して経験値を集めて、成長する(ランクがあがる)ような感じで、個人個人が

成長する手助けをする。

・人が何かを達成した、賞を取った、功績を残した、などをたたえるための報酬となることを目的とした通貨なのです。

・クリエイターへの応援や、いろいろな分野で頑張っている人を応援するために使うこともできる。

・単価がとにかく安い(草コイン)

・コミュニティが大きい。

・Pos通貨でXPが貰える。(マスターノードが実装されると、年利50%と予定されている(変更の可能性ありあ))

・今後拡大が予想される、e-sports業界のメインスポンサーになりました。

・以前ご紹介したBinance取引所の上場投票で2018年1月には2位を獲得。(上場はまだされていません)

・XPショッピングサイトXP MARKET がある。

・決済可能な実店舗がある。

 

日本最大のコミュニティについて

・公式キャラクター「XPちゃん」

英国発のXPのキャラクターは、英国のハイスクールガール+日本の女子高生の要素を混ぜたキャラクターです。

今風ですね。独自のファンサイトまであるようです。

・2018年1月公式チャンネル参加人数 1万人突破、3月には2万人突破。

・XPのディスコードにはrainコマンド(ばらまき機能)があり、XPの認知度を上げるために、XP保有者が参加者にXPをばらまいている。

Pos(マスターノードについて)

・XPをウォレットに保管するだけで、報酬が貰えます。

・現在、5000万XP(現在価格で5000万×0.023円=115万円)保有する人のみ報酬が入ってくるように変更されるようです。

 

5000万XPが115万として、年1/2で57.5万円。。(2500万XP)PCを24時間365日稼働しないといけませんが、利息としてはめっちゃいいですね。

XPの価格があがれば、そりゃもう。。今なら約1.3BTCで建てられます。

XPの将来性

XPのプロジェクトは、2017年に ・Posシステムの設計 ・ウエブウォレットの開発 ・ウエブマイナーの設計 ・ウエブサイトの開発など

サービスの開発や、活発なマーケティング活動も行っています。

2018年にはさらに、・初期提案書(グリーンペーパー)の作成 ・XPを使ったゲームの作成 ・XPマーケットのサービス公開と拡大

・XPエコシステムの設計 etc。。

・今後のプロモーションも強力なコミュニティとの連携を進めながら、展開していくようです。

・活動しているのかよくわからないプロジェクトもありますが、XPの運営は、強力なコミュニティを持ち、活発にプロジェクトを進めている

ように思われます。

・現在はXPはCoinExchangeにて取引することができます。

単価が安いので、少しづつ購入して5000万XPを目指そうかな。。と思っています。マスターノードまで届かなくても、値上がりを期待する!

というものありですね。

・XPを購入するには、

・まず国内取引所でビットコインを買います。(今はビットフライヤーがお勧めです。)

・CoinExchangeに口座を解説してビットコインを送る。

・XPを買う。

・5000万XPを目指す。もしくは値上がりを待つ。

今年に入ってから、badニュースが多かったですが、最近はGoodニュースもちらほらと。。

これから、仮想通貨市場は延びていくと思います。。期待して

XPも注目していきたいと思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク