仮想通貨 ライトコイン(Litecoin)の特徴と将来性

今日は、仮想通貨 ライトコイン(Litecoin)について調べてみました。
ライトコインは2011年10月にリリースされています。
ビットコインと同じ属性の仮想通貨の一つです。つまり決済用に作られたもので、ビットコインを金で例えるなら、ライトコインは銀を目指す、という目的で作られました。

基本的な仕組みはビットコインと同じですが、実用性に優れた独自の特徴を持っています。

ライトコインの字幕付き動画になります。

ライトコインの特徴

1:承認時間が速い。
ライトコインの一番の特徴と言われるところです。ビットコインでは一つのブロックを生成するのに10分かかるのに対してライトコインではその1/4の2分30秒で、認証されます。
ビットコインの10分というのは、セキュリティの観点から、10分とされているようですが、ではライトコインのセキュリティは。。。 この認証時間を優先するか、セキュリティを優先するか、今も活発に議論がされているようです。

2:発行量が8400万枚と多い。
総発行量が決まっていることは、過度なインフラを防ぐためです。ビットコインの4倍の量ですが、銀のように一般的に浸透しやすく、最終的に高騰しにくくする、という意図のようです。

3:Script(スクリプト)方式を採用している。
ライトコインは、アルゴリズム(暗号化方式)に、Script方式を採用しています。専門的ですが、ビットコインの暗号化方式は「SHA256」というものです。(多くの仮想通貨はこちらを採用しているようです。)
Scriptとはハッシュの計算方式のことで、取引スピードを速くして、マイニングを効率よくできるというものです。

4:Segwitが実装済。
最近最も投資家の注目を集めた、ビットコインの大きな問題点の一つ、スケーラビリティ問題のSegwitを、ライトコインはすでに実装しています。
今回の騒動でも分かるように、とても重要な事だと認識された方も多いのではないでしょうか。その点でいえば、ライトコインは秀でている!と言えますね。

5:マイニングの電力を抑えられる。
ライトコインはビットコインよりマイニング電力を抑える事が可能となっています。
金よりも銀の方が採掘が簡単で多くの量を採掘できるように、ライトコインもビットコインより簡単で多くの量を採掘することができるようです。
マイニングが簡単に行えるという事は、一部に富が集中しないようになっているとも言えます。

ライトコインの将来性

ライトコインの価格の変動を見ると、2013年末に大きく値を上げていますが、これはキプロス危機と中国の人民元が、ビットコイン、ライトコインに流れたようです。
2017年9月には1万円台に急騰しています。2017年4月には約400円ほどだったので、約25倍以上になっています。
その後調整が入り、今日2017年11月10日は¥7350円ほどです。(コインマーケットキャップより)
ビットコインの金に対する銀としてのライトコインですから、まだまだ上昇してもおかしくないですね。ライトコインの将来性に期待が持てます。

もう一つライトコインの将来性を左右する明るいニュースとして。
ライトコインの開発者である、チャーリー・リー氏は、2017年6月までCoinbaseで働いておられましたが、ライトコインの開発にフルタイムで取り組む事を発表したようです。またビットコインのコア開発者もライトコインの開発に参加し始めているようです。

さらに、カナダのトロントではビットコインの取引ができていたATMが、ライトコインの取引もできるようになったようです。取引所を介さず、カナダドルでライトコインが購入できるようです。

使いやすく、実用性のあるライトコインは日本の取引所でも購入することができます。
送金のスピードを考えると、日常的に使われるようになるかもしれません。セキュリティ面も強化されれば、ライトコインの将来性は、かなり明るいものと思われます。
これからも 見守っていきたいコインの一つですね。

sakura🌸でした。

 

スポンサーリンク