仮想通貨マイニングの収益を得る ICO「REGAIN」

仮想通貨のマイニングの収益を、Bitcoinで貰えるICO「REGAIN」の事前登録は、本日夕方5:00までです。

>>REGAINの詳細記事はこちら<<

仮想通貨の錬金術!?と言えば

①:仮想通貨のマイニングで仮想通貨を得る。
②:ICOに投資し、上場を待ち価格が何倍にもなる事を期待する。
③:保有している仮想通貨を貸し出し、金利収入を得る。

と言われているようです。やはりマイニングというのは一番に考えられるんですね。

仮想通貨のマイニングとは

時々耳にする仮想通貨マイニング、多くの機器を使い、高額な電気料金がいる。ITにかなり詳しくないと個人でするのはむつかしい?!
個人でマイニングで利益をだすことは無理なのでしょうか?

仮想通貨の場合、簡単に言うと マイニング(採掘)とは取引情報をネットワーク上の台帳に記録する行為のことです。

マイニングには、多くの機器、場所、冷却設備、電気代などのコストがかかります。

一例をまとめてみました。

ビットコイン、ライトコインをマイニングする「ASIC」というチップと搭載したマシンがあります。
ライトコイン用に5台セットで¥350万ほどかかるようです。
これをフル稼働させると、爆音を出してマイニングが始まります。
普通のPCには一つしか入っていないチップが、このマシンには一台に144個のチップが入っています。
そのため、稼働させると高温の排熱が生じます。それだけ電気代が高くかかります。また機器を冷やす冷却設備が必要となります。
かなり安い電気料金で年間70万ほどかかるようです。

5台のマシンで、年間採掘量は660LTC(ライトコイン)今日のLTCの価格だと、1LTC=¥32000 なので、¥19200000ですね!!

かなりの利益率です。最近の相場の上げもありますが。。

日本では電気代も高額ですし、涼しい立地の場所を探し、マシンを調達、現地の人を雇い、稼働させてしまえば、安定的に仮想通貨を得る事ができ、その通貨が値上がりすれば、利益も大きくなる。

よし!!じゃあ 私も。。。と言える人はそんなに多くないですよね。。

では個人では、マイニングには参加できないのか?

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、マイニング事業を展開する、ファンドに投資することです。
ファンドなので、いろいろなコースが用意されているようです。ただ最初にある程度の資金がいるようです。
日本でもGMOなど、大手がマイニング事業に参入することを発表していますね。
年利20%ほどのようです。

また、資金だけ集めて逃げる、詐欺マイニングも多いようで、注意してください。

マイニングが儲かる事はわかった。クラウドマイニングもしたいが、資金はそんなにない。ほとんどの人がそうなのではないでしょうか?

そこで、お勧めするのが、ICO「REGAIN」

マイニング収益を得る「REGAIN」

「REGAIN」は保有しているだけで、マイニングの収益の一部をビットコインで貰う事ができます。

「REGAIN」を持っているだけで、ビットコインが貰えるって結構凄いことだと思います。

今の生活、仕事を続けながら、毎月ビットコインが少しづつ、勝手に増えていく。

1REGAIN=4000ドルなので、今の価格で約450000円です。最低購入価格はないので、100ドルからでも参加できます。

事前登録は本日夕方5:00までです。

登録だけして、ゆっくりホワイトペーパーを読んでから、購入するか考えてみる。というのもありですね。

何にせよ、まずは理解することが大切だと思われます。

sakura🌸でした。

今日も読んで頂いてありがとうございます。

 

スポンサーリンク