仮想通貨 OmiseGOとは?

今日は、仮想通貨 OmiseGoについて、、最初この名前を聞いた時、えっ?!と思いました。お店ゴーって?(笑)
で、調べてみました。

仮想通貨 OmiseGoとは?

通貨名称 : OmiseGo
通貨単位 :(OMG)
取引開始日 : 2017年6月23日
承認アリゴリズム : Poof of Stake
発行上限 : 140,245,398OMG

OmiseGoは、仮想通貨トークンで、東南アジアで展開されるオンラインシステム「Omise」で使う事ができます。

このオンラインシステムを立ち上げたのは、日本人起業家の長谷川 潤氏です。
この企業の拠点は、2013年タイのバンコクで設立されました。

OmiseGoは、イーサリアムのブロックチェーンを利用しているERCトークンのことです。
ICOから1か月で14倍に価格が上昇し、海外取引所Poloniexにも上場をしています。

このOmiseGoの決済システムを使うことにより、モバイル端末同士で、送金でき銀行口座を持たなくても、店舗でOmiseGoを通貨として、支払いに使う事ができるのです。

モバイル端末同士で送金、決済ができるウォレットアプリケーションを搭載したスマートフォンを持っていれば、銀行口座やクレジットカードがない人でも、仮想通貨で簡単に送金、決済ができるのです。
日本に住んでいると銀行口座は子どもでももっていますね、クレジットカードは一人で何枚も所有していると思いますが、東南アジア諸国などでは、銀行口座の開設にお金がかかったり、クレジットカードを持たない人も多くいるのですが、スマートフォンは誰もが持っているのですね。誰もが気軽に使う事ができるのです。通貨の価値が上がれば、ある意味使っても減らない!という事もいえます。 下がることも当然ありますが。。。

OmiseGoの今後の展開は?

現在は主に東南アジア向けに展開されています。なんとタイでは、2/3のモバイル会社がこのサービスを使用しています。(かなりの普及率だとおもいます。)
もちろんその後のターゲットは、日本、シンガポール、インドネシアなどのアジア太平洋領域の近隣諸国です。

大手企業「SBI」「SMBC」からの出資も受けていて、今後の期待の大きさを表していると言えるのではないでしょうか。

OmiseGoの価格推移

今日のOmiseGoのチャートです。(海外取引所Bittrexより)

公開当初(2017/7/16)1OMGは0.0002Btcですが、約2か月後の9/12には0.0033Btcを付けています。約16倍ですね。
その後調整が入り、1OMG=0.0099Btcのところで推移しています。

OmiseGoのエアドロップ

エアドロップとは、簡単にいいますと、ある通貨などを保有しているだけで、あるトークンや仮想通貨を無料で貰える仕組みです。
OmiseGoはERCトークンであるため、イーサリアムのブロックチェーンを利用しています。
共生関係にあるイーサリアムの保有者や多くの人にOMGトークンを保有してもらい、利用してもらって、経済の活性化やイーサリアム全体のインセンティブ強化の話題作りなどの試みで、今回のエアドロップは実施されたようです。

2017年7月8日の時点で、イーサリアム0.1ETH保有していた方々にエアドロップが実施されたようです。
貰えた人々、ラッキー!ですね。

OmiseGoの将来性は?

事業内容もよく、大手企業の後押しもあり、法定通貨やモバイルマネーの常識にとらわれない技術を組み合わせた独自の仮想通貨OmiseGoは、為替や決済における将来に影響を与えるのかもしれません。
東南アジア諸国だけでなく、アフリカ諸国や南アメリカなど、広い範囲に広がっていく事ができたなら、その可能性は無限のような気がします。大きな買い物でなく、日常的に気軽に使えるという利点は大きいと思われます。

日本でも近い将来OmiseGoで、決済できる日が来るのではないでしょうか?!

今後の動向に、注目していきましょう。

sakura🌸でした。

スポンサーリンク