仮想通貨レーティング、高評価はBTC、ETH、NEO、LISK、ADA。

こんにちは!sakuraです。

今日は、仮想通貨レーティングの発表があったので、ご紹介します。

今までもWeiss Ratings社の格付けをご紹介してきましたが、レーティングにもその企業(サイト)の独自の判断があります。

今回は大手3社「blokt」「Token Insight」「DPRating」によるレーティングなのですが、まずはその3社のレーティングの基準を、

見てみましょう。

スポンサーリンク


 

3社のレーティング基準

・blokt : ICOプロジェクトを中心に格付け 6段階に「A+、A、A-、B+、B、B-」格付けされます。

・Token Insight : 「team」「Project」「Ecosystem」の3つの基準による格付け。9段階「AAA、~ C」。

・DPRating : GitHubの開発記録を元に格付け。 5段階評価。

主要通貨の格付け

今回の結果は。。

   block    Token Insight    DPRating
  Bitcoin    A+      A     4.8
  Ethereum    A      A     5.0
  Cardano    A      BBB     5.0
  NEO    A-      BBB     4.5
  Lisk    A-      BBB     5.0

と、上記5つの通貨は、高評価を得ています。(表が一段。。あまった。。<(_ _)>)

少し評価は落ちますが。。

   block    Token Insight    DPRating
  EOS    A-      BBB     2.7
  Stellar    A      BBB     3.3
  Binance Coin    A+      BBB     3.0
  NEM    A      BBB     0.7

 

となっています。

やはり、上位の通貨は強いですね、これからは昨年のように、1000倍などはないかもしれませんが、プロジェクトの内容を確認したり、

通貨の特性をみたりして、ホールドするのもいいかもしれませんね。

格付けは、それを行う企業(サイト)によって、バラツキがありますが、投資家、消費者にとっては、判断の材料となるもので、

参考にするといいかもしれません。

 

本日のトピックス

・LINEが発行する独自仮想通貨「LINKトークン」が、10月16日BITBOXに上場。

残念ながら、BITBOXは日本とアメリカからは取引できません。また取引できるところに上場するのを待ちましょう。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク