仮想通貨史上・最大の衝撃事件!発生。Selfish Miningとは?

こんにちは!sakuraです。

今日は、ブロックチェーンにとって非常に重要な事件が起こったので、ご紹介します。

5月15日、Live Coin取引所で起こったBlock with holding attack(Selfish Miningとも言われます。)で、モナコインが

攻撃を受けました。

Selfish Miningとは?

「仮想通貨史上、はじめてブロックチェーンが大多数の参加者の合意なく書き換えられた事例」という事のようです。

そして、今回の事件はハッカーではなく、マイナーによる攻撃なのです。

普通では、マイナーはブロックの採掘をしたら、すぐにブロードキャスト(日本語訳だと放送ですね)します。

しかし今回は、次のブロックを掘るのが有利だったため、ブロードキャストせずにそのまま次のブロックを採掘し続けるのです。

このとき、ブロックチェーンは分岐している状態となります。

ブロックチェーンのルールとして、「ブロックチェーンが分岐されたとき、長いほうのチェーンに収斂される」

というのがあります。

ある採掘者が、ブロードキャストをせずに長いチェーンを採掘していて、そのチェーンがもう一方のチェーンよりの長い場合

その長い方がブロードキャストされた時、そのチェーンが正しいチェーンとなるのです。 このことをreorgと呼びます。

つまり短い方のブロックチェーンは切り捨てられ、その間のトランザクションは無効となるのです。

このような行為を意図的に行うことをSelfish Miningといいます。

今回の事件はSelfish Miningを利用して、意図的にブロードキャストせずに長いブロックチェーンを採掘して、自身が保有

していたモナコインを取引所に送金し、素早くモナコインを他のコインに変えて、出金しました。

その後今度は、自身が採掘していた長いブロックチェーンをブロードキャストします。

この時点で長いブロックチェーンが正しいチェーンとなり、直近の短いブロックは無効となります。

取引所での、モナコインが入金されて換金された短いブロックは無効となり、トランザクションは消えてしまいます。

そうなんです、この場合の被害者は取引所です。今回はLive Coinという取引所で起こりました。

スポンサーリンク


 

どうして、仮想通貨史上最大の事案となるの?

今回の事件は「仮想通貨史上初めて、ブロックチェーンが大多数の参加者の合意なく書き換えられたこと」という部分が重要

なんです。

これから考えられる流れは。。。

取引所はまず、モナコインの承認ブロック数を引き上げる。➡ 犯人はモナコイン以外のコインで同じことをしようとする。

➡ 模倣犯も出てくる。 ➡ ハッシュパワーが低くなり、承認感覚が短いPowコインに危機感が広まる。 ➡ 危機感を

感じた人々は「売り」を行う ➡ 価格の低下 ➡ ハッシュレートが下がる。 ➡ 難易度がさらに下がる ➡ さらに

攻撃される。

ブッロクタイムに時間がかかり、その改善のために早いブロックタイムが求められますが、そのことはセキュリティの犠牲の

上にある。またブロックごとの難易度調整も同じくセキュリティの犠牲の上にある、という事です。

仮想通貨の世界はまだ始まったばかりで、これからいろいろな問題が、議論され、検討されていく事になると思いますが、

今回の事件は、ハッシュパワーの総量はセキュリティである。という基本。

分散していることの重要性。 これらの点でこれからの仮想通貨の歴史にのこる事件といえるのではないでしょうか。

 

日々、グッドニュース、ネガティブニュースと目まぐるしく変わっている仮想通貨の世界ですが、ブロックチェーンは

始まったばかりで、これからどんなふうに世界が変わっていくのか見れることは、楽しみなことですね。

 

本日のトピックス

・Twitter社CEO : ビットコインがインターネットの主要通貨になり得る。 と発表。

・中国機関による仮想通貨格付け、発表される。

1位 :ETH
2位 :Steem
3位 :Lisk
4位 :NEO
5位 :Komodo
6位 :Stellar
7位 :Cardano(ADA)
8位 :IOTA
9位 :Monero
10位 :Stratis
11位 :Qtum
12位 :Bitshares
13位 :Bitcoin
14位 :Verge
15位 Waves

ETHが一位なんですね。。中国一押しのNEOより、Liskの方が上なんですね。。Bitcoinは 13位。。

中々興味深い格付けでした。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク