仮想通貨 TRON(トロン)とは?

今日の仮想通貨市場。全体的に上↑↑に上がってますね。
Btcから、上位30位はほとんど上がってます。

そんなに多くのビットコインを持っているわけではないので、分散して投資を考える場合、あまりに価格の高い通貨には、中々手が出しにくい!ですよね。例えばDASH今日の価格は¥98000 10万出しても、1DASH。。。
1DASH買うのも勇気いります。

とそんな中、私の中での仮想通貨の神!がつぶやいた。。。

「TRX」もいいねえ、まだ伸びそ。。。

ん?!TRXって何?どんな通貨? で調べてみました。

仮想通貨「TRON(トロン)」

通貨単位 : TRX
最大供給量 :1,00,000,000,000TRX(ちょっと多いようですが。。)
公開日 :2017年 (ICOは数秒で売り切れになったようです。)
中国発の分散型ストレージ銘柄と言えるようです。

TRONはブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて、世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステムの構築を目的とする、ブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

ざっくり言うと、「エンタメ特化の分散型プラットフォーム」を持っている。という事のようです。

・ユーザーが自由にデータを管理し、自律的なコンテンツの配信及び、デジタル資産の流通を行う。

・資本家ではなく、コンテンツクリエイターによって、推進されるプラットフォームを生み出す。

・将来的には、オンラインゲームプラットフォームも構築していく。

TRONのチャート

チャートを見ると以前の高値を更新してますが、一旦MA(移動平均線)まで戻り、MAに支えられてますね、MAの傾きからみるとさらに上昇してもおかしくはないですが。。。

大手音楽ストリーミングサービスの「Peiwo」と互換性を持っていて、ロードマップでは2017年12月には、PeiwoにTRXをデポジットできるようになる。とあります。

また、「TRON」には、ビットコインキャッシュの仕掛け人「ジハン・ウー氏」も関わっていて、その辺も有望銘柄といわれる理由かもしれません。

ロードマップでは、2021年までの計画があり、かなり先になるようです。

発行量の多さは気になる所ですが、ストレージ系の銘柄として、MAを割ってくるようなら、10000円分くらい買って 2020頃まで持っておくか、チャートを見ながら、短期でせめるか。。

現在価格約¥0.83円なので、10000円でも12000TRX買えますね。

TRXの購入は、手数料の安いBinance取引所がお勧めです。

sakura🌸でした。

スポンサーリンク