仮想通貨 Wowbit(ワオビット)Wowooって何?!

こんにちは!

先日ご紹介した Self KeyのICOですが、本日1月15日~でしたが、速攻で売り切れたようです。!!

EZposといい、Self Keyといい 早すぎ!!です。 もちろん私は買えてません。( ノД`)

購入できた方は、良かったですね!期待して上場を待ちましょう。

Fountain Connectも、今日1月15日~です、興味のある方はぜひチャレンジして見てください。

で今日は、仮想通貨Wowbitについて気になったので、調べてみました。

仮想通貨 Wowbitって?

Wowbitは、シンガポールで開発されている仮想通貨で、その理念は「感動の可視化」です。んーー?ちょっとわかりにくいですね。

「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから私たちは感動を価値化します。」と公表されています。

Wowooの公式サイトはこちら

Wowooはプラットフォームの名称で、仮想通貨単位はWowbitです。

Wowbitには、投票機能がついていて、感動的な成果物を提供した人に対して、この機能を使い感謝の気持ちを表すことができます。

つまり投げ銭のように使い、芸術やいろいろな作品、ボランティアや慈善事業という価値をつけにくい分野において、感謝、感動の気持ちを伝えることができるのですね。

この結果、芸術家、慈善事業団体などが、寄付など懇願することなく、感謝、感動を与えつつ、報酬を得る事ができ、それが安定した作品、事業につながる、ということです。

つまり、Wowooは人々の善意、芸術的価値、感動に対して、報酬を受け取ることができるプラットフォームを作る事を目指しているのです。

Wowooの特徴

・準備金制度 :Wowooの準備金制度での、準備率は20% 新規にWowbitトークンが発行されるときに、ETHの準備高が、Wowbit価値合計の20%になるように、自動調整されます。

これはWowbitトークンの売買者間を公正なバランスで保ち、安全性を生み出すことを可能にしています。

・特別決議機能 :ルール変更などの重要な決議において、トークン保持者による投票で、2/3以上で採決されるようになっています。

Wowooが注目される理由

・ビットコインの神といわれるロジャー・バー氏が、Wowooプロジェクトを絶賛!

「私は、Wowooの提供するサービスにとても感激しています。なぜなら、「OKWAVE」がQ&Aによる助け合いで人々をつなげてきたように、これからは、仮想通貨(クリプトカレンシー)やICO(イニシャルコインオファー)が、かつてない方法で人々を一つにつなげ、世界をより良いものにしていくと信じているからです。Wowooが目指す、「感動の価値化」のICOソリューション、これは世界にとって素晴らしいものになるでしょう。ありがとうございます。」

「OKWAVE公式サイト」から引用

こうした有名人が絶賛することは、Wowooにとっては、良い追い風となりますね。

・日本国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する(株)オウケイウエイブは子会社を通じて、Wowooプロジェクトに出資しています。

・NEOの創業者、CEOである Da Hongfei氏が、アドバイザーとして参加している。
これによって、中国市場、アジア市場、世界市場への展開が期待されます。

ICOへの参加は?!

Wowbitの購入方法は、事前にホームページでWEB登録と身元確認をした人のみ、購入できます。

そして、残念ながら、日本、中国、アメリカに住所がある方は購入できません。

つまり、多くの日本人は上場後からの購入になります。トークンセールで購入を予約されている方もいるようですが、別のサイトなどに登録しているようです。ちょっとあやしさも感じますし、そこまでのリスクは勇気がいりますね。

ICO参加できないのに、何故今日ご紹介したかというと、私の仮想通貨の師匠が、Wowbitに大いに期待して、大量に買った!!とつぶやいたので、どんな通貨なのだろう?と興味を持ったからです。
(この彼の大量は、はんぱない量なので。。。)

一応 ICOのスケジュールです。

・ステージ1 : プレセール1月17日~

・ステージ2 : 2/22~3/2

・購入可能通貨 : イーサリアム

・ハードキャップ :277,777,778wwb  ソフトキャップ :194,444,444wwb

公開価格は0.0011ETHで、プロジェクト側は約30倍まで 予想しているようです。
上場してから、その動きに注目して、参加してみようと思います。

今日も読んで頂いてありがとうございました。

sakura🌸でした。

 

 

追記(5/10) : 5月15日にBit-z取引所への上場が決まりました。

Bit-z取引所の開設方法などは、こちら

 

スポンサーリンク