金融庁、仮想通貨の自主規制団体を認可!

こんにちは!sakuraです。

今日は、日本の仮想通貨市場にとっては、大きな前進となるであろう、金融庁が仮想通貨の自主規制団体を認可した!という

ニュースをご紹介します。

スポンサーリンク


 

金融庁「自主規制団体」を認可!

今回、金融庁が認可したのは、一般社団法人仮想通貨交換業協会「JVCEA」(Japan Virtual Currency Exchange Association)です。

仮想通貨交換業協会の自主規制原案では、「オンライン環境で預かった仮想通貨の秘密鍵を管理する場合、サイバー攻撃による損失リスクを

考慮したうえで、それに見合った額を銀行預金、国債、地方債などの安全資金で保有するように義務付けする。」としています。

また、保全対象額について、銀行などの間で「保全契約」を結ぶように求めていて、仮想通貨の不正流出の時に備え、損害賠償方針の

明記を義務付けすることも、入っています。

これらの事が実現すれば、仮想通貨のネガティブなイメージは、払拭されて大きく前進することになると思われます。

JVCEAは、「資金決済法」により「自主規制規則」に対しての、強制力をもつ団体となり、自主規制違反が発生した場合、各業者に

ペナルティを課す事ができる。

また、自主規制ルールが各社に適用され、JVCEAによる、会員各社への処分もできる。

主な規則は以下。。

・利用者管理に関する規則

・仮想通貨インサイダー情報管理規則

・不公正取引防止の為の取引管理体制に関する規則

・注文管理体制に関する規則

・仮想通貨交換業に関与する従業員に関する規則

・広告等の表示および景品等の提供に関する規則

・仮想通貨差金決済取引に関する規則

・セキュリティに関する規則

・AML/CFT(マネーロンダリング防止とテロ資金供与対策)に関する規則

 

今回の自主規制案が、各社に適用されれば、今年初めのコインチェックのハッキング事件以来、仮想通貨に対する、怖い、詐欺、危ない。。

などのマイナスなイメージが改善されることになる。

マネーパートナーズ 奥山 泰全氏は、「日本は世界の中でも、先進的に法整備を進めていて、その中でも利用者保護は第一に大切なことです。」

と語っています。

 

やはり、大事な資産を預けるので、利用者の保護は最も大切なことですね。

これから、仮想通貨に対するイメージが良くなって、市場に活気が戻ってくることを期待したいと思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク