コインチェック ハッキングからどう立ち直る?!

こんにちは!sakuraです。

早いもので、コインチェックのNEMハッキングから、もう1か月が経とうとしてますね。

コインチェックでは、現在ビットコイン取引と日本円の出金は可能ですが、アルトコインは移動、売買ともに閉鎖されたまま

で、ユーザーも相場の動きが気になって、気をもんでも何もできない状態です。

コインチェックはどうなるのでしょう?! 業務継続?廃業?

コインチェックの今後

そんな中、コインチェックから、公式発表が。。

【同社は、事業継続を認めてもらうため、他社との提携を模索しています。】

この他社との提携の案には、金融庁の後押しもあるようで、いとまず安心された方も多いと思います。

まだまだ、噂の段階ですが「楽天」が名乗りを上げているようです。

楽天と提携となると、コインチェックにしてみても、この上ない企業ですね。

まだ噂なので、どこの傘下に入るか分かりませんし、まだまだこれから時間がかかると思われます。

スポンサーリンク


 

取扱通貨の変更は?

金融庁の許可が中々下りずに、ハッキングされたわけですが、今までは許可が下りないのは、匿名通貨などを取扱している

から、というふうに言われていました。

やはり許可をもらうためには、NEMを含め匿名通貨の取扱を取りやめるのでしょうね。

最近の相場の冷え込みもあり、決済したくても決済できない中、取扱中止の場合、強制的に決済されるとなるとユーザーは

怒り心頭。。になると思われます。他の取引所に移せるならまだいいのですが。。

現在のみなし業者

コインチェックの他にも、今まだみなし業者となっている取引所は、以下の取引所です。

・みんなのビットコイン

・Payward Japan (Kraken)

・バイクリメンツ

・CAMPFIRE

・東京ゲートウエイ

・Last Roots de Bit

・エターナルリンク

・FSHO

・来夢

・ビットステーション

・ブルードリームジャパン

・ミスターエクスチェンジ

・BMEX

・BitExpress

かなりの取引所が、まだみなし業者のようですね、知らないところが多いです。

 

今回のハッキングに関しては、原因を正確に把握して、改善しない限り、同様のハッキングはまたおこると思います。

改めて、個人でできるところはしっかりと、守っていきたいですね。

コインチェックの復活の道のりはまだまだ、遠いようですが、一日も早く復活してほしいと思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

sakura🌸でした

スポンサーリンク