国内取引所Zaif、ハッキング受ける!資金は保証される?

こんにちは!sakuraです。

今日はまたまた起こった、ハッキング被害について。。

国内取引所Zaifでハッキング!

国内仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)は、9月20日未明にハッキング被害にあった事を公表しました。

被害にあった通貨は、BTC、MONA、BCHなどで、被害総額は約67億円に及んでいます。

被害にあったのは、9月14日だいたい17:00~19:00の間で、外部から不正アクセスが、入出金用のホットウォレットを管理する

サーバーに対して行われたようです。

ホットウォレットから不正送金されたのは、

・BTC :5966bit

・MONA : 調査中

・BCH : 調査中

二次被害防止のためにサーバーを再稼働させていないため、被害総額はまだ確定できないようです。

約67億円の内訳は、

・顧客資産 :45億円。

・ティックビューロの固有資産 :22億円。

Zaifでは17日にサーバーの異常を検知。18日にはハッキング被害を確認。金融庁への報告、警察へも被害届を提出。

(不正アクセスの詳細は、警察捜査への影響を考慮して非公表としています。)

スポンサーリンク


 

フィスコの傘下となるZaif

ティックビューロ(Zaif)は顧客資産を守るための財源確保のためにフィスコから50億円の金融支援を受ける。と発表。

支援の内容

・消失した顧客の預かり資産に対する財源の確保。

・今後のセキュリティ向上のための技術、人員の提供。

・経営向上のための、資本提携、人材の派遣。

(フィスコがティックビューロに過半数以上の取締役、及び監査役1名を派遣)

また、セキュリティ向上のために、(株)カイカと技術提供の基本契約を締結した。

今後の対応は未定

仮想通貨の入出金の再開はいまだ未定で、顧客の資産はフィスコの50億円で、仮想通貨を調達し補填の予定。

コインチェックの時は、衝撃も大きくメディアも殺到し、相場は下落へと向かいました。

その後も海外取引所へのハッキングなど、度々報道されています。

そのたび仮想通貨の市場も少なからず反応していますが、今回のハッキングは被害額も少なく、海外では騒がれている様子はありません。

早期に金融支援の発表での補填が明らかになったのも大きいかと思われます。

やはり、購入した仮想通貨を取引所に置いたままにしておくのはお勧めできません。

頻繁に取引する予定のない通貨は、移動に手数料がかかりますが、自身のウォレット等に保管する事をお勧めします。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク