MEW(マイイーサウォレット)とMetamaskを連携してセキュリティ強化!

こんにちは!sakuraです。

マイイーサウォレットのハッキングの件、被害総額は15万ドルとも言われています。

オンライン上で繋がっているということは、便利な反面、詐欺サイトやハッキングなどリスクもあります。

銀行などもハッキングに遭っていると聞いた事があります。(表に出ないようにしている。。とも)

自身で出来る事はやっておかないといけませんね。

仮想通貨のICOに参加したら必ずブックマークする。ウォレットなど作ったらPWなどは使い回しは厳禁。

 

私も今までマイイーサウォレットに入る時に、毎回秘密鍵を入力してましたが、これって結構危険なのだ。!と再認識しました。

今まで何もなかったのはラッキーだけなのかもしれません。

メタマスクは気にはなっていましたが、マイイーサウォレットに入るのに不便を感じていなかったし、めんどうに思っていましたが

そうも言ってられません。で よいしょとメタマスクを入れてみました。

マイイーサウォレットとの連携まで、ご紹介します。

スポンサーリンク

MetaMask導入方法

まずメタマスクは、GoogleChromeブラウザのプラグインとして動作します。

なのでインターネットエクスプローラー、Microsoft Edgeなどでは機能しないので、Chromeを使っていない方は、Chromeを

インストールして下さい。

GoogleでChromeWEBストアと検索➡webストアの検索エンジンに「Metamask」と入力 提供サイト https://metamask.ioを

確認してください。 +chromeに追加をクリック。

 

すると「metamaskを追加しますか?」と出ます➡「拡張機能を追加」をクリック。これでメタマスクの拡張機能が追加されました。

ご自身のページの右上に、メタマスクのマークが追加されています。

ロゴマークをクリック。

Acceptをクリック。

ここには利用規約が書いてあるようです。右側を下までスクロールするとAcceptがオレンジになりますのでクリック。

 

パスワードを2回入力。(8~20字、長い方がいいですね)

必ずメモして、PCとは離して保管してください。

復元フレーズが表示されます。必ずコピーを取ってください。

save seed words as file でPCに保管することもできます。

PWが分からなくなった時に使います。

ここまででmetamaskの設定は終わりです。次にマイイーサウォレットとの連携です。あと少し。。

マイイーサウォレットとメタマスクの連携

 

マイイーサウォレットとの連携は、まず緑のところをクリックします。 Import Account をクリック。

 

Privete Key を選択して、下段にマイイーサウォレットの秘密鍵を入力➡ IMPORT をクリック。

これで マイイーサウォレットとメタマスクが連動されました。

次にメタマスクからマイイーサウォレットに入る方法をご紹介します。

これで毎回秘密鍵を入力することなく、マイイーサウォレットに入ることが出来ます。

メタマスクからマイイーサウォレットに入る方法

 

まず マイイーサウォレットを開けて、 Ether/トークンの送出 をクリックすると 上記の画面になります。

MeteMask/Mist をクリック。

MeteMaskに接続 をクリック。 これでマイイーサウォレットとメタマスクが連動されました。

この動作でマイイーサウォレットに入れば、毎回秘密鍵を入力することなく、マイイーサウォレットに入れます。

私も毎回 USBを繋げて、秘密鍵を入力していましたが、これはかなりリスクがあったんですね。。。

なんだか、難しそう。。と思っていましたが、やってみると意外とすんなりできるものです。

大切な通貨を守るためにも、やっておくことをお勧めします。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク