米最大手仮想通貨取引所Coinbase、日本進出!

こんにちは!sakuraです。

今日は、米最大手仮想通貨取引所Coin baseがいよいよ日本でのサービスを開始することになるようで、金融庁への申請も年内には

行うように動いているようで、ご紹介します。

Coin base いよいよ日本上陸!

日本経済新聞にも記載されたようです。

Coin baseに出資している日本企業は、三菱UFJフィナンシャルグループです。

他にも、ニューヨーク証券取引所を傘下に持つインターコンチネンタル取引所(ICE)なども出資しています。

大規模な仮想通貨取引Coin baseは、その企業価値は10億ドル(約1100億円)を超えるともいわれ、その顧客数は2000万人にも

のぼるようです。

日本法人の社長には、北沢 直氏が就任するようです。

北沢氏は、資産運用サービスを提供する「お金のデザイン」の最高執行責任者(COO)を務めていた著名人です。

取引所の課題「セキュリティ」

仮想通貨市場にかかわる仮想通貨取引所、個人投資家、通貨プロジェクト運営者などなど、今後最重要なことはセキュリティなのではないでしょうか?

Coin baseのセキュリティは非常に高いレベルを持っています。

全社員の5%以上が、セキュリティ専門のエンジニアで構成されています。

万が一、ハッキングなどでも顧客の資産を全額補償する保険を提供しています。

日本でのサービス内容は?

やはり日本の金融庁の申請を通過するためには、あまり数多くの通貨の取扱は難しいようで、当初の取扱通貨はビットコイン、

イーサリアム、などの主要通貨になるようです。

Coin baseは分散型取引所Paradex(パラデックス)を買収しており、自社の取引プラットフォームGDAX(ジーダックス)

と統合しています。

また、取引プラットフォームも新しくリニューアルし、Coinbase Pro(コインベースプロ)として運営していくようです。

日本市場に与える影響は?

日本市場は、コインチェックのハッキング事件もあり、一般の人々や仮想通貨初心者には「仮想通貨は怖いもの」というイメージを

持ってしまった方も少なからずいると思います。

実績のある大手の参入や、三菱UFJフィナンシャルの出資など、日本市場へのよい影響となるのではないでしょうか。

またより一層のセキュリティの強化や、手数料の減額なども顧客確保のためには、実施せざるを得ない状況へと流れていくように

思います。

世界でも、日本の市場は確保したい市場だとおもわれますので、仮想通貨市場全体の活性化につながるのではないでしょうか。

最近騒がれていた、SBIの取引所開設でも、ふたを開ければ、取り扱うのはリップルのみ?!。。がっかりした投資家も多いのでは

これから、大手企業の参入も加速してくると思います、すでにYahooやLINEなどが参入?!という話も聞きます。

日本へのCoinbase参入が、日本市場を活性化してくれることになりそうですね。

 

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク