Quanta(クオンタ)6/25 HitBTCに上場!

こんにちは!sakuraです。

今日は、昨年2月にICOで参加した、私が最も期待している「Quanta」の新しい上場の話題についてご紹介します。

おそろしくだいぶ前になりますが、「Quanta」の記事はこちら➡「Quanta」

なので簡単におさらい。。

スポンサーリンク

仮想通貨「Quanta」

Quantaは、イーサリアムのネットワーク上で仮想通貨の宝くじを実行しようとしています。

当然ながら、その目的は「改ざん不可能なブロックチェーン技術と自動で契約が実行されるスマートコントラクト技術を

活用し、人が一切介入することのない宝くじ」を運営していくためのプラットフォームを実現する事です。

以前の記事でも書いていますが、現在日本で行われている宝くじ、還元率は45.7% (10000 ➡5400ほどは経費)

Quantaは、還元率 70~79%、チケット販売手数料等 1~10%、QNTRトークン保有者へのロイヤリティ支払い 5%

Quanta運用最大コスト:15% とこのような内訳となっています。

還元率の高さが大きい魅力ですね。宝くじを買う夢も広がります。

またQNTRトークン保有者へのロイヤリティ! これもQuantaへ参加した一つの要因です。

上場までは少し時間がかかりましたが、lykke、Bit-Zと順調に上場し、今回6月25日にHitBTCへの上場が決まりました。

 

が、残念な事に現在はHitBTCでは、日本人は取引できません。HitBTCのホームページには、日本国内に子会社設立を、

予定しているように書いてあるようですが、時期はわかりません。

なので、Quanta 購入を検討されたい方は、Bit-Zの開設をお勧めします。

Bit-Zは、新しい通貨の上場にもかなり積極的に見えますし、普通に使いやすい感じです

過去の記事Woowoの中に詳しい開設方法があります。参考にしてください。

現在の価格は ↓

1QNTU=0.00000041BTC 本日 1BTC=約734000 なので、¥0.30円ほどです。

私のICOでの購入価格は約0.15円なので、今でも約2倍ですね。でもICO参加のBTCの価格は、1BTC=120000でした。

振り返ると、BTCでの保有が一番儲かる!!となりますが、Quantaのプロジェクトは期待できると思ったので、納得できます。(笑)

さてそんなQuantaですが、マーケティングはかなり積極的で、ワールドツアーを実施しています。

Quanta ワールドツアー

・5月18日:韓国ソウル

・5月19日:台湾台北

・5月20日:ロンドン(プロダクトローンチ:Blackpass の紹介)

・5月22日:マレーシア NEM、Zcoin、ink と共にミートアップ。

・6月1日 :香港。

・6月2日 :Bit-Zに上場。取引開始。

・6月6日 :シンガポール。

そして今回 6月29日に東京ヒルトンお台場にて行われるブロックチェーンカンファレンスにQuantaが登壇します。

(主催はBLOCK CO+)

 

今年日本で最も大きなブロックチェーンカンファレンスになると思われます。

Quantaでは、マーケットディレクターである「Shogo Ishida 氏」が、11:10AM~ ブロックチェーン×技術 で登壇

予定です。

NEO、EOSも参加予定のようです。(詳細は未定)

これからも活発に活動していくと思われる「Quanta」、注目していきたい通貨です。

(宝くじ販売されたら、買ってみようと思います。(笑))

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

本日のトピックス

★ ビットフィライヤー :金融庁の業務改善命令を受けて、自主的に新規顧客の受け入れを一時停止 を発表。

現存の200万をこえる顧客の取引は停止しない。

★ ビットフライヤー :株式分割公告 1株➡5000株に。。。

 

 

スポンサーリンク