リップラーに朗報!MoneyTapが2018年秋に稼働!

こんにちは!sakuraです。

今日は根強い人気のリップラー(リップル応援者)に朗報が!!。。というかこのニュースはリップラーでない私たち、いやいや

国民全体のビッグニュースとなる!と思います。。

MoneyTapが2018年秋には本稼働!

 

2018年秋。。ってほぼ今です。!?

MoneyTapとは、一言でいうと「Rippleを利用したスマホ送金アプリ」のことなのです。

MoneyTapとはSBI Ripple Asiaが主導する「内外為替一元化コンソーシアム」に参加する銀行間でスマートホンによる即時送金を、

実現する共通アプリなのです。

では、どこの銀行が参加しているのか?

なんと!国内ほとんどの銀行なのです。

メガバンク3行(三井住友、UFJ、みずほ)りそな銀行、地銀、ネット銀行などが参加しています。

このスマホアプリを利用すると、ユーザーは電話番号やQRコードだけで相手に送金できます。

このシステムの開発は、富士通とメガバンク行によって行われ、今年1月から実証実験が行われていたようです。

MoneyTapの分かり易い図です。

 

MoneyTapは、リップル社のxCurrentを統合した銀行用送金システムである「RCクラウド2.0」に接続されるという事です。

RCクラウドでは、日常的な買い物から、国際送金までRippleという一つのシステムで行う事ができます。

まずは、国内の送金と決済をカバーするようです。

このMoneyTapによって、私たちの日常はよりキャッスレスに向かっていくようです。

スポンサーリンク


 

RippleNetとは?

Rippleには、xCurrentの他にもxRapid、xViaという2つの製品があり、これらのシステムを使うことにより、国際送金を可能に

することができます。

この10月には、リップル社が主催するSWELLカンファレンスがあり、RippleNetに参加する世界中の金融機関がサンフランシスコに

集結します。その場で日本のMoneyTapが紹介される事になると思われます。

Rippleの価格への影響は?

最も気になるのは、このMoneyTapの本稼働がリップルの価格にどのように影響するか?!でしょう。

今日のリップルの価格です。

チャートをみると、2018/1/2に最高値358.16円をつけています。

今日の価格が31.59円なので、1/10以下ですね。。。

2016年末頃は、たしか1円未満でした。その後リップルを少し購入したのですが、2017年5月頃は今日の価格と同じ30円前後でした。

わずか半年で1円未満→30円です。

今回のMoneyTapが価格に即反映されるかはわかりませんが、今なら購入できる価格ですね。

いくで!やるで!リップル買い増しや!! とあの方がツィートされるかも。。。(笑)

私も少額買ってみようかな?!

今後もリップルの価格には、最大限注目していきたい!と思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク