米SEC「ビットコインETF」異例の再審査!注目度大!

こんにちは!sakuraです。

なんと!昨日お伝えしたばかりの「SECのビットコインETF否決!」。。

今日になって、米SECが異例の再審査をすると発表されました。

スポンサーリンク


 

SECによるビットコインETFの再審査

SEC(米国証券取引委員会)は、日本時間で24日、否決した9つのビットコインETFの再審査を行うと発表しました。

「8月22日(日本時間8月23日)の否決判断は、当委員会が改めて判断を下すまでは、「保留」扱いとする。

この判断はクリプト・ママと呼ばれている、SECのHester・Pierceコミッショナーの公式Twitterによって公表されました。

Pierce氏は、ビットコインETFに肯定的な方です。

Pierce氏は、以前のウインクルボス兄弟のETF否決の段階で、すでにビットコインETFに肯定的な姿勢を見せています。

委員会の役割は、投資家が”賢明な投資”を行うための情報を確実に得ることが出来るようにすることと、市場参加者が相互作用する中で不正を防ぎ、透明性を確保できるように取引所をデザインするために規則を設けることである。

私は今回、SEC委員会の判断は、”本来の役割”の範疇を越えていると感じている。SECは、取引所が上場させようとする商品の基礎となる市場の質や特性ばかりに注視しているのではないか。

SECの役割は、投資家を保護して資本形成を促進し、公平で秩序があり、効率の良い市場を助長することであって、決してイノベーションの門番ではない。投資家保護に徹するべきだ。

 

実際には、昨日の非承認を承認へと翻すためには、意見決定権を持つコミッショナーの過半数の賛成が必要です。

つまりは、承認へと持って行くハードルは決して低いものではない、という事のようです。

今回9つのETFが承認へと変わるのはむつかしいかもしれませんが、このようにSECのコミッショナーからの異議申し立て、さらには

再審査に至ったという事は、今後のETFへの重要な意味をもつ事になると思われます。

今後、SECの水準をクリアできるETFができれば、承認がおりるという可能性が高くなったという事ですね。

 

今回の判決に対して、仮想通貨市場の注目度はかなり上がるのではないでしょうか?

速報が入り次第また、お知らせします。

 

本日のトピックス

・中国 :中国のフィンテックリスク対策局が、中国国内で利用可能となっている海外取引所124社を特定し、それらのIPアドレスを

完全に閉鎖すると発表しました。

中国北京市政府が仮想通貨関連イベントの開催を全て禁止。

中国は仮想通貨規制をさらに強化していくようです。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク