SEC、プロシェアーズ・他9つのETFを否決!その理由は?

こんにちは!sakuraです。

昨日の記事でご紹介したProSharesのBitcoinETFは、やはり残念ながら否決!となったようです。

その理由は?。。これからどうなる?。。

9つのETF否決の理由

SEC(米国証券取引委員会)は、8月22日プロシェアーズとディレクシオン、グラナイトシェアーズの3社から申請されていた、

ETF(上場投資信託)を否決しました。

今回、プロシェアーズの2つのファンドの期限は8月23日、

グラナイトシェアーズの2つのファンドの期限は9月15日、

ディレクシオンの5つのファンドの期限は9月21日、が可否の判断日でしたが、前倒しとなった形での発表でした。

その理由は、前回のウインクルボス兄弟のものと同じです。

「上場申請先の取引所が、SECの求める水準に達していない」というものです。

プロシェアーズとディレクシオンが上場先にしたのは、NYSEアーカ取引所。

グラナイトシェアーズは、Cboe BZX取引所でした。

また、取引所が「先物市場が十分な大きさの市場であるという事を表す明確な証拠」が提出できていない、という事も理由の一つです。

その一方で、SECは「今回のETFの否決が、ビットコイン、ブロックチェーン技術がイノベーションや投資としての価値がない

という判断をしているのではない。とも言っています。

これで残るは、最も注目されている、CBOE(シカゴオプション取引所)のビットコインETFのみ となっています。

スポンサーリンク


 

市場の反応は?

コインマーケットキャップの今朝のチャートです。

 

やはり全体的に下げていますね。

しかし相場への影響は限定的で、暴落とまではいっていません。

すでにウインクルボス兄弟のETFの否決、CBOEの延期などETFに対する期待感は薄れていることの表れのようです。

専門家たちの意見でも、「SECが慎重になっているのは、個人投資家の保護という観点だからで、ETF申請も今回のみではなく、

今後も続いていく中で、最終的にはETFを認めることになるのではないだろうか。またそれは短期で決定されるのではなく、

長期的な視野も必要となるだろう」と述べています。

今回は残念でしたが、仮想通貨の世界はまだまだこれから伸びていくもの、と思っています。

これからも注目していきたい、と思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク