新仮想通貨取引所Fcoin Exchangeと急騰するFTトークンについて

こんにちは!sakuraです。

先日、Twitterでこんなチャートを見かけました。

最近の相場はヨコヨコなので、久しぶりにこんな元気のいい♡チャートみました。

で、今日のチャートが

ちょっと時間足が違ってますが、やはり少し調整が入ってますね、でもかなりの値上がりを見せています。

で、FTトークン?! ちょっとどんな内容なのか?調べてみました。

 

FTトークンとは?

FTトークンとは、新しくできた仮想通貨取引所「Fcoin Exchange」の独自トークンです。

この取引所は、5月24日にβ版が始まったばかりの新興取引所です。

まだ公式telegramも、1000人程度です。

取引所の本稼働は6月からのようです。

Fcoin Exchangeが注目されている理由は。。

・元Huobiの最高技術責任者が新しく立ち上げた取引所だという事。

・Fcoin Exchangeには、複数のベンチャー企業が入っている。 アメリカ/DHVC、中国/NODE CAPITAL などなど。

FTトークンの特徴

・通貨名 :Fcoin Token

・通貨単位 : FT

・総発行枚数 :100億枚。

① :取引所収益の80%が、FT保有者に毎日配当される。

② :Fcoinプラットフォームへの意思決定権がある。

③ :Fcoinコミュニティへの選挙権と監督権がある。

・収益分配は8月から。

・9月には他の通貨も取扱開始予定。

・入金はイーサリアム(ETH)で。

(補足)

配当される通貨は、取引手数料として、支払われた通貨。

例えば、USDTでETHを買う ➡ 0.1%のUSDTの取引手数料が貯まる ➡ 翌日に0.1%の80%が配当される。

・Fcoinでは、取引手数料の20%をFTとして、取引したユーザーに還元してくれます。

このキャンペーンは全発行トークンのうち、Community Rewards51%がなくなるまで、継続されます。

口座開設方法。

上記をクリックすると下記画面になります。

・ユーザー名 :アルファベットで、フルネームを入れたら、長い!と却下されたしまいました。 名前だけでいけます。

・メールアドレス入力(Gmail、Yahoo、PCメールなどをお使いください。)

・パスワード :大文字、小文字英字、数字、記号(%、&、!等)

・同じパスワードを入力。

・UserAgreement,Privacypolicyを見る(一応)

・I agree・・・に✅をいれる。

・Sigh Upをクリック。

登録メールアドレスにメールがくる。

緑のVerity ・・・をクリック。

メールアドレス、パスワードでログイン。 パズルが出てくるので、きっちり合わせてログインします。

KYCの提出。

本人確認をしておかないと、20ETHを超える取引はできません。

最近の取引所はKYCが、必要となってくると思われますので、出来るうちにやっておきましょう。

まず、ログインして、

ユーザー名の横の3本線をクリック ② のsetting を選ぶ。 ③ KYC Verification をクリック。

画像をアップロードして、SUBMITをクリックして、完了。

次にETHを入金する。

先ほどと同じ、ユーザー名の横の3本線をクリック。Finaceを選択。

 

ETHのDepositをクリック。

ETHのアドレスが表示されるので、ETHを送れば完了です。

次にExchangeを選び取引画面にいきます。

数量、価格と入力、Buy FT で購入完了。

 

まとめ

FTトークンは、配当系のトークンの中でも、配当率が高く、また配当銘柄がFTのみでなく、全ての銘柄というのが強みかと思われます。

Kucoinなどでも、配当がありますが、KCSのみなので、KCSが下落すれば、配当の価値も落ちますね。そういう意味では、リスクも分散

出来ている、と言えます。

毎日の出来高も上がってきていて、近々上場予定の通貨も発表されたようです。

Zilliqa、Ripple、OmiseGO、ICON、Aetemity、OX、NEO、Ontology などのようです。

これまでの取引所独自トークンの流れでは、BNBコイン、KCSコインとかなりの人気で、FTトークンも同じようになればいいのですが、

少額買ってみて、様子を見ようかな と思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク