スイス証券取引所、世界初のETP(上場取引型金融商品)を承認!

こんにちは!sakuraです。

昨日結構強気な予想の記事を書いたばかりですが。。。

今日の仮想通貨市場はまたまた、下落の一途です。。

ビットコインは現在4483USD(約500000)です。うーんどこまで落ちるのか。。

BTCの予想される抵抗ラインは、

・4813ドル(約54万)すでにここは割り込んでいます。

・4170ドル(約47万)

・3562ドル(約40万)

・3011ドル(約34万)。。という意見がありました。チャートに基づいて算出されています。

今回の下落はBCHのハードフォークによる内輪もめ的なところが大きいようで。。

どうなるのか、わかりませんが、あまりネガティブになっても仕方ありません。。ので、今日もポジティブなニュースを

ご紹介していきます。(笑)

スポンサーリンク


 

ETP(Exchange Traded Products/上場取引型金融商品)って何?

「ETP」とは、

ETF(Exchange Traded Fund/上場投資信託)、ETN(Exchange Traded Note/上場投資証券)、

ETC(Exchange Traded Commodities/コモディティ上場投資信託) など、上場して特定の指標の値動きに連動させ、運用し、

成果を得ることができる金融商品の総称なのです。

スイス最大の株式市場、シックススイス証券取引所で、複数の仮想通貨の価格をトラックするETPの取扱を、世界で初めて開始する

ことが決まりました。

商品名は「Amun Crypto ETP」で、ロンドンに拠点のあるフィンティック企業「Amun」により提供されます。

Amun Crypto ETPの通貨構成は、

・ビットコイン(50%)

・リップル(25.4%)

・イーサリアム(16.4%)

・ビットコインキャッシュ(5.2%) ABCなのかSVなのか。。。

・ライトコイン(3.0%)で構成されます。

仮想通貨初心者にとっても、うまく分散されていて参入しやすい商品ということです。

AmunのCEO・Hany Rashwan氏は、

「この商品は、デジタル資産をカストディにセットしたくない機関投資家や、政府などの規制のため仮想通貨取引所にアクセス

出来ない個人投資家にも提供することができる。」と述べています。

以前から、のびのびになっているビットコインETFが、承認に時間がかかっている中、このシックススイス証券のETP承認は、

市場にとって大きなGoodNewsと言えると思います。

これをきっかけに、他のETPも追従すると思われ、機関投資家の参入が期待でき、冷え込んだマーケットが盛り上がっていく

可能性も秘めています。

 

下がりに下がった仮想通貨市場。。

年末から2019年にかけて少しつづ盛り上がっていってほしいところです。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク