ウインクルボス兄弟、世界初規制されたステーブルコインを発行!

こんにちは!sakuraです。

今日は、あのウインクルボス兄弟が運営するビットコイン企業「Gemini」が、世界で初となる規制されたステーブルコイン

「Gemini Dollar」(GUSD)を発行するというニュースをご紹介します。

世界初・規制されたステーブルコイン「Gemini Dollar」

ステーブルコインとは、法定通貨に連動されたコインです。

ステーブルコインの過去記事はこちら

現在はTether(テザー)が主流ですが、新しくHeaven、Teraなども発行されています。

今回の「Gemini Dollar」は、金融規制が非常に厳しいといわれるニューヨーク州の基準をみたしたコインです。

スポンサーリンク


 

Geminiの取り組み

Geminiは、仮想通貨・特にビットコインの将来性を信じ、ビットコインと現在の金融のブリッジとなるべく、いろいろと活動

している企業です。

ETFは未だSECの承認を勝ち取っていませんが、今後も申請していくようです。

Geminiのカストディサービス(資産保管サービス)は、多くの機関投資家から信頼を得ています。

ビットコイン先物の価格指標(NAV)もGeminiが提供していて、CBOEのビットコイン先物でも指標として使われています。

Gemini Dollar(GUSD)とは?

GUSDは、ブロックチェーン技術に米ドルの信用性と価格の安定性を掛け合わせ、ニューヨーク州金融庁サービス局(NYDFS)の

監督とも結びついています。

米ドルと 1:1の割合で裏付けされます。

ERC20トークン基準に則って、イーサリアムネットワーク上で構築されます。

GUSDによって裏付けられている米ドルは、アメリカのState Street Bankによって管理され、会計事務所によって毎月適切に、

1:1の割合で発行されているか監査され、スマートコントラクトも独立してセキュリティ企業によって、監査され適切に修正される。

今まで、テザー社のTether問題等いろいろ言われてきましたが、Geminiはテザー社が行っていない、月次監査、預託銀行も

明かして管理していくと発表しています。

ウインクルボス兄弟は、「このGUSDこそが、世界で初の認可された安定通貨になる。」といっています。

 

アメリカの公式機関によって認可されたステーブルコイン、独立した会計事務所、銀行、セキュリティ会社によって監査、管理

されるステーブルコイン。

仮想通貨の実用性がさらに高まると期待されています。

 

速報!

なんと、早々と上場のアナウンスが。。

取引高世界第9位である仮想通貨取引所であるBiboxは、Gemini dollar(GUSD)の上場をアナウンス。

 

市場の注目度がわかりますね。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク