Zcashの将来性

今日は、Zcash(ジーキャッシュ)について、特徴やチャートを見ながら、今後のZcashの将来性を見てみましょう。

Zcashとは?

Zcashは非常に匿名性に優れた通貨です。通貨単位はZEC、公開日は2016年10月28日、発行上限は21,000,000ZECです。
取引承認システムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用しています。認証時間は2.5分、ブロックサイズは2MBです。

Zcashは匿名性に非常に優れた仮想通貨です。「ゼロ知識証明」という「送金元」「送金先」「送金量」「送金履歴」を全て匿名にする特殊な技術を採用しているからです。

ゼロ知識証明(完全な匿名性)

ゼロ知識証明とは「ある命題(通常は数学的な事ですね)が正しい事を証明する場合、相手にその命題は正しいという事以外は伝えずに示す方法である。」ちょっと 分かりにくい!?
簡単に言いますと、Zcashでは「ゼロ知識証明」を活用することによって、取引認証をブロックチェーンに公開して、マイナーに認証作業をしてもらうけれど、【誰が誰にどれだけの金額を送ったのか、誰にも分らずに証明してもらえる】という事です。

匿名性が高い仮想通貨として、DASH,Moneroも良く知られていますが、「送金側アドレス」「受信側のアドレス」「送金量」の全てを匿名にできるのは、Zcashだけです。

イーサリアムのメトロポリスというアップデートでもZcashの匿名性技術の「zk-SNARK」システムが採用されています。
イーサリアムとZcashは開発協力をしていて、今後もイーサリアムとの提携が注目されています。

Zcashの価格推移

今日2017/11/17AM11:00のZcashのチャートです。

Zcashは2016年10月のリリース以降価格が急上昇となり、1ZECが日本円で14万以上になり、当時のビットコインを抜いてしまいましたが、その後一瞬で1/20まで急落しました。その後約6000円前後で推移していましたが、2017年米国最大手の銀行JPモルガンがZcashの「ゼロ知識証明」の技術を採用する!という事が決まり、約40000円を越えました。その後一旦調整が入り、2017年9月28日、現在世界1取引量が多い韓国の取引所「Bithumb」に上場したことにより、再度高騰して、25000円の価格が40000円を付けました。再度調整が入り、今日2017年11月17日現在約34000円のところを推移しています。

Zcashの将来性

Zcashの将来性は、JPモルガンが採用した事でも分かるように、顧客の個人情報保護やプライバシー保護のために利用されるのであれば、Zcashの需要は拡大していく事が考えられます。

しかし強い匿名性という特徴で、マネーロンダリングや脱税などに使われかねないという側面も持ち合わせています。
このような課題をクリアできれば、銀行、金融以外でも、個人情報を取り扱う企業では個人情報保護を最優先にしていることですし、最近のプライバシー保護の流れもZcashを後押ししてくれそうだと思います。

ZcashやDASH、Moneroといった匿名性の高い仮想通貨は、匿名性の高い仮想通貨の課題をクリアできれば、今後も無限大といってもいいポテンシャルを秘めているとおもいます。

中でも、Zcashはその匿名性で「送信者」「受信者」「送金量」の全ての情報を守ることができるので、最強と言えますね。

Zcashの将来性に期待したいと思います。

sakura🌸でした

スポンサーリンク