全米10万台のATMでビットコインが買える!?

こんにちは!sakuraです。

今日は誰もが使っているATMの話です。しかもビットコインが買える!というもの。。

すでに、アメリカやヨーロッパでは、設置されていますが、まだまだその普及率は低いようです。

それが、いっきに増える可能性を秘めたニュースをご紹介します。

スポンサーリンク


 

全米ATM10万台でビットコインが購入可能!!

アメリカで、仮想通貨ATM(現金自動支払機)企業のリバティエックス社(LibertyX)とATM製造企業のGenmega社が

提携を発表しました。

この2社の提携により、全米にある10万台以上のATMでビットコイン購入可能となるようです。

アメリカで初めて、デビットカードを使ってビットコインが購入できるATMとなります。

しかし、ATMにビットコイン購入システムを入れるかは、その経営者の判断によるもので強制ではありませんが、

ビットコイン購入可能なATMが増えれば、やはり自然と増えていくように思います。

また、ユーザーも購入したビットコインをウォレットへ送金するためのソフトウエアが必要になります。

現状のように取引所に新規口座開設して、現金を入金しビットコインを買うという手間を考えると、普段ATMから現金を

引き出すのと同じようにビットコインを買う事ができるというのは、新規ユーザーの獲得にもつながります。

リバティエックスのCEO、クリス・イム氏は「私たちは5年にわたり、仮想通貨が簡単に購入できるよう努力を続けてきた

今回やっと、ATMを使って、安全で便利に仮想通貨の購入ができるようになりました。」と述べています。

ATMの現状

現在すでにアメリカでは、ビットコインを購入できるATMは約2330台あります。

ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミなどの主要都市には100台ほど設置されている。

今後、いっきに増えることが予想されます。

仮想通貨ATMの市場規模

リサーチ社、マーケッツ&マーケッツによると現在、世界の仮想通貨ATMの市場規模は1630万ドル(約18億円)ですが、

今後2023年には、1億4550ドル(約162億円)になると予想しています。

今後、全米あるGenmega社の10万台のATMがビットコイン購入可能に全てなるかは未定ですが、これを機に世界中で

ビットコイン購入可能なATMは着実に増えることになると思われます。

日本でも、コンビニのATMでビットコインが買えるようになる日もそう遠くないように思います。楽しみですね。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク